ペットホテルの料金相場 犬の場合はいくらか調べてみた!持ち物と準備も調査!

スポンサーリンク

ペットを飼っていると急な用事や旅行でペットを預けないといけないこともでてきます。

急に探さなくても良いように、あらかじめペットを安心して預けられるペットホテルを、見付けておく必要があります。

この記事では、犬だけでなく、猫やハムスター、うさぎなどの動物の種類別のペットホテルの料金相場や特徴・サービスなどについて詳しく、私の体験談も踏まえて書いていきます。

スポンサーリンク

ペットホテルの料金相場はいくらくらい?

ペットを預けるペットホテルの料金相場の目安は以下の通りです。

犬の場合

  • 小型犬:1泊3,000円
  • 中型犬:1泊4,000円
  • 大型犬:1泊5,000円
  • 超大型犬:1泊6,000円

住んでいる地域や受けるサービスのプランや内容によって変わってきますがおよその宿泊、一泊の目安としてください。

スポンサーリンク

ペットホテルの種類はどんなものがあるの?

一口にペットホテルといってもいろいろな場所に色々な種類があります。

  • ペットの販売を行うお店に併設
  • トリミングサロンに併設
  • 動物病院に併設
  • 大型のショッピングモールやホームセンターに併設

場所も違えば設備や料金やサービスの内容も様々です。

ペットホテルのサービスとして爪切りや散歩、報告メール等が無料で受けられたりするのが割と一般的です。

また有料ですがサロンに併設のペットホテルでは、トリミングも受けることができます。

私が利用した施設は、かんたんな犬のしつけと社会化をお願いできました。

動物病院が経営しているペットホテルもあります。持病のあるペットの場合は動物病院に併設されているペットホテルに預けると安心ですね。

アレルギーがある場合は事前に伝えておきましょう!

動物病院が経営しているペットホテルなら、投薬や緊急時の診察をすぐ受けることができますよ。

ペットホテルに預けるために必要なもの

ペットホテルの利用者は年々増えていて、ペットを飼っている人の5人に1人は利用したことがあると言われています。

いつ預ける必要が出てくるか分からないので、事前にペットホテルに預ける準備について知っておくことは大切です。

預ける時に持っていくもの

  • 予防接種証明書(犬の場合)⇒ワクチンを接種していること
  • 日数分の食べ慣れたフード
  • 持病があればお薬

 

基本的にどのホテルも予防接種証明書の提示を求められます。予防接種証明書の提示を求めないペットホテルは法律違反なので、感染防止のためにも預けないようにしましょう。

ペットホテルでは食事は提供されますが、できれば、預ける日数分の食べ慣れたフードを持ち込むのがオススメです。

食事のサービスがあっても、ただでさえ環境が変わるのに、食事まで変わるとストレスで食べなくなってしまうことも考えられます。日頃から家で食べ慣れたフードを預けましょう!

ケージやクレートに慣れさせよう

ペットホテルではクレートやゲージの中で大半を過ごすことになるので、家でいつも放し飼いにしているペットだとストレスを感じてしまいます。

日ごろからケージやクレートに入る練習や、慣らすトレーニングをしておくのが理想的です。知らない場所で緊張してしまう子は、クレートに入れると安心します。

ケージなら毛布を掛けてもらうと落ち着いてきますね。ペットホテル側はプロなのでお任せで大丈夫ですが、性格や特性的に心配なポイントがあれば預ける時に伝えておくといいですね。

もし預けることが決まっているなら、短時間預けて慣らしてみてもいいですね。施設によって短時間のショートステイも受け入れてくれます。

家の近くにあればよいのですが、ペットホテルまで車や電車に乗らないと行けない場合は、乗り物にも慣らしておくと安心です。

犬は社会化のためにもしつけが必要です。うちの子もいぬのしつけ教材でしつけました。

ペットホテルやカフェでもおりこうにできるので助かっています。

→ 私が使ったしつけ教材について記事にしています。

どんな基準でペットホテルを選ぶ?ポイントは?

ペットホテルを選ぶ記事んですが、まずは知り合いからの「口コミ」が一番信頼できますね。ご近所の犬友に相談してみると良いかもしれません。

とはいっても犬友さんとは選択の基準が違うので、参考程度にすると良いでですね。

やはりペットを預ける時は「本当に安全だろうか」「寂しくないかな?」など心配が尽きませんよね。ですので自分の目で確かめるのが一番です。

新しいペットホテルを探す時は、ネットの口コミやレビューも参考になります。

私のペットホテル体験談

私が今まで使ったことがあるのは、ホームセンターに併設されたペットショップのペットホテルです。お散歩も行けるというのがうりでしたが、そこは夜無人になるのが怖かったです。

他にもしつけ教室がやっているペットホテルに預けたこともあります。海外旅行にいくためで、一週間と期間が長かったのでお散歩のしつけをお願いしておきました。

引っ張らずに歩けるようになっていてさすがだと思いました。ただここも夜は無人でした。

後は古いデジカメを預けておいて写真を撮っておいてもらいました。犬の保育園での様子が写っていて楽しそうでしたよ。

もう一つは、夜も見てくれるところを探して、ブリーダーさんが家庭の部屋で見てくれるペットホテルも利用しました。

手厚く見て頂けましたがネックは値段の高さと家から遠かったことです。

ホームセンターの中のペットホテルでは、webカメラで預けたペットの様子をリアルタイムで見ることができました。Wi-Fi環境で見る方がおすすめですが、顔が見られて安心できました。

ペットホテルを選ぶポイントとは?

  • 料金(価格)
  • サービス
  • 家からの距離
  • 防犯体制
  • 緊急時の対応

この辺りをリサーチしましょう!

ケージに入れっぱなしなのか?入れっぱなしでもお散歩はあるか?

フリーだとしたら他の犬はいるのか?フリーは一見よさそうですが、他の犬との接触で事故が起こる可能性が高いです。

夜は無人になるか人目があるか?などを判断基準にするといいですね。

気に入ったところが見つかったら早めに予約しておきましょう!年末年始やゴールデンウィークは予約が取れない時もあります。

繁忙日は料金が高い場合もあるので注意しましょう!

利用規約がある場合はもらっておくと良いですね。

ペットホテルの料金相場まとめ

急な用事や病気、旅行などでペットホテルを利用しなければならなくなる事も考えられます。

あらかじめ、安心して預けられるペットホテルをいくつか見つけておくと良いですね。

理想的には子犬のうちから社会化させて、犬の世界の掟を学ばせて、どんな環境にも適応できるようにしておきたいですね。

例えば、人の多いところに出掛ける。子どもと触れ合わせる。他の犬と触れ合わせるなどがあります。

我が家の犬はペットホテルに1週間預けて迎えに行ったら、ポカーンとして飼い主の登場を喜びませんでした← 忘れたんかい(笑)!

それくらいエンジョイしてくれらたら安心できますね。

こちらの記事も人気です