共働きでも可能!子犬のトイレトレーニングの方法とポイントを解説おすすめグッズも

この記事では、共働きの家庭が子犬のトイレトレーニングを成功させる方法をご紹介します。

子犬のトイレトレーニングには平均1ヶ月ほどの時間がかかると言われています。

共働きで子犬と過ごす時間に限りがある家庭だと、トイレをきちんとしつけることができるか不安になってしまいますよね。

今回は、そんな共働き世帯でもできるトイレトレーニングのポイントを解説します。

お好きな所からお読みください

失敗しない子犬のトイレトレーニング方法

共働きでも可能!子犬のトイレトレーニングの方法とポイントを解説おすすめグッズも

子犬にトイレを覚えさせるには、トイレで排泄ができた!という成功体験を積み重ねていくことが大切です。

子犬を家に迎えたその日から、トイレトレーニングを始めてくださいね。

子犬が排泄しやすいタイミングは?

まずは、子犬の排泄しやすいタイミングを知ることから始めましょう。

子犬が排泄を我慢できる時間は「月齢+1時間」と言われています。

また、排泄しやすいタイミングは、次の通りです。

  • 寝起き
  • ご飯を食べたあと
  • 水を飲んだあと
  • 遊んだ後あと

そわそわして、床の臭いを嗅ぎ始めたり、その場でくるくると回り始めたら排泄の合図です。

子犬のトイレトレーニングの手順

①子犬の排泄の合図を見つける

子犬が排泄の合図を見せたら、おやつを使ってトイレに誘導します。

②排泄中は「ワンツーワンツー」と繰り返し声をかける

トイレで排泄をし始めたら「ワンツーワンツー」と声掛けをします。

トイレと単純な声掛けをセットで覚えると「ワンツー」の合図だけでも排泄を促せるようになります。

③トイレで排泄をしたら大袈裟に褒めてご褒美をあげる

犬がトイレシーツの上で排泄をしたら、大袈裟なくらいに褒めてあげてください。

ご褒美としておやつも一緒にあげます。

この一連の流れを覚えることで「トイレで排泄をすると良いことがある!」と、犬は学習し、自分からトイレに入るようになります。

スポンサーリンク

子犬のトイレトレーニングを成功させる3つのポイント

子犬のトイレトレーニングを成功させるには、トイレに失敗してしまったあとの対応がポイント。

①トイレに失敗したらしっかり消臭する

おしっこの臭いが残っていると、また同じ場所で排泄をしてしまいます。

そのため、失敗してしまった場所は消臭スプレーを使ってしっかり臭いを消すようにしましょう。

②トイレに失敗したら無視して片付ける

トイレに失敗したときは、子犬のことは無視して黙って排泄物の片付けをしてください。

失敗したときに、飼い主が声をあげて慌てて駆け寄ってくるのを見ると、子犬は「飼い主に構ってもらえた!

トイレに失敗すると遊んでもらえる!」と勘違いをしてしまい、わざと失敗を繰り返す可能性があります。

③トイレに失敗しても叱らない

トイレに失敗したときに叱らないようにしましょう。

排泄したことに怒られたと勘違いをして、隠れて排泄をするようになってしまったり、排泄を我慢するようになってしまいます。

子犬がトイレを失敗してしまう3つの理由

①犬はフカフカした場所をトイレにする習性がある

犬は、トイレを足元の感覚で覚えます。フカフカした場所をトイレにすることを好むので、カーペット・バスマット・玄関マットは、犬にとっては絶好のトイレスポットとなりかねません。

子犬がトイレトレーニングを終えるまでは、敷くのをやめましょう。

②トイレの大きさが小さい

トイレは、犬の体の2〜3倍の大きさがベスト。

小さすぎると、せっかくトイレで排泄をしていてもはみ出してしまうことがあります。

③トイレシーツを取り替えていない

犬はキレイ好きなため、1度使用して汚れているトイレシーツでは排泄しない場合があります。

トイレの失敗が続くようならシーツをこまめに取替えてみましょう。

共働きしながら子犬にトイレトレーニングを覚えさせる4つのポイント

子犬と過ごす時間があまり取れない共働き世帯では、限られた時間の中でどれだけ子犬に成功体験を積ませられるかがポイントとなります。

ポイント①長期休暇に合わせて子犬を迎える

普段は仕事で忙しい共働き世帯でも、長期休暇に入ればまとまった時間を子犬と過ごすことができます。

この期間に合わせて、子犬を迎えることでトイレトレーニングをスムーズに覚えさせることができるでしょう。

②朝と夜にトイレの成功体験を積ませる

子犬は、朝起きたあとや食事のあとに排泄をしやすいです。

共働きでも、朝と夜のタイミングであれば、トイレトレーニングを行えますよね。

限られた時間の中で、子犬にトイレを覚えさせるには、この時間を有効活用しなければなりません。

飼い主の前で、トイレに成功したら、しっかりとオーバーぎみに褒めてあげましょう。

③ペットシッターに依頼する

家を留守にしている間に、ペットシッターに来てもらい子犬のトイレトレーニングを行ってもらうという方法もあります。

いつもの過ごしている環境でトイレトレーニングを行ってもらえるので、子犬はスムーズにトイレを学習してくれるでしょう。

④犬の保育園に通わせる

犬の保育園とは、プロのドッグトレーナーが子犬を日中預かって、しつけを行ってくれる場所です。

人間の保育園と同じように、朝保育園に子犬を預けて、夕方迎えに行くシステムとなっています。

トイレトレーニングはもちろん、基本的なしつけも教えてくれるので、忙しい共働き世帯にオススメです。

\犬の口臭の悩みが解決するサプリメント「キュアペット」/

共働きにオススメ!子犬のトイレトレーニングを成功させる便利グッズ

子犬にトイレトレーニングを教えるための便利グッズをご紹介します。

子犬のトイレトレーニングを成功させる便利グッズ①おやつもあげれるペットカメラ

Anker Eufy Dog Camera D605/通常価格:24,990円(税込)

170℃の広角レンズで、愛犬の動きに合わせてカメラが追尾します。

アプリと連携して、リアルタイムでいつでも話しかけたり、おやつをあげることも可能。

家にいないときでも子犬がトイレをできたタイミングで、アプリから声をかけておやつをあげることができます。

共働きで留守番時間が長い家庭にオススメなグッズです。

子犬のトイレトレーニングを成功させる便利グッズ②トイレに誘導するペットシーツ

しつけるシーツ幼犬用/通常価格:676円(税込)

トイレに誘導する匂いがペットシーツについているので、子犬がトイレを覚えやすいのが特徴です。

子犬のトイレトレーニングを成功させる便利グッズ③トイレに誘導するしつけ用スプレー

ザ・しつけ 犬用トイレの学習/通常価格:642円(税込)

トイレシーツにスプレーするだけで、子犬をトイレに誘導することができます。

ペットにしかわからない匂いなので、部屋が臭くなることはありません。

共働き必見!子犬のトイレトレーニング方法とポイントのまとめ

共働きの家庭が、子犬のトイレトレーニングを成功させるポイントは、次の通りです。

  • 長期休暇に合わせて子犬を迎える
  • 朝と夜にトイレの成功体験を積ませる
  • 便利グッズを活用する
  • ペットシッターに依頼する
  • 犬の保育園に通わせる

子犬のトイレトレーニングには時間がかかります。

限られた時間の中でしつけなければならない共働きの家庭では、より苦労することも多いかと思います。
時にはプロの力を借りたり、今回ご紹介したような方法を実践してみてくださいね。

しつけ教室は高くて通えない近くにない通う時間がない方は、飼い主でも犬の躾ができる教材がおすすめです。

↓↓犬のしつけ教材6冠は「イヌバーシティ」↓↓



error: Content is protected !!