ネトマル難波道頓堀店・東京池袋店は違法なのか?完全個室は風営法に違反するの?

ネトマル難波道頓堀店・東京池袋店は違法なのか?完全個室は風営法に違反するの?
スポンサーリンク

東京の池袋と大阪の道頓堀にあるネトマルは違法なのでしょうか?調べてみました!

ネトマルは完全個室になるのが好きで、安心できるのでよく利用します。予約もできるしキャンセル料もかからないのもポイントが高いですね。

ネットカフェなのに完全個室はありえるのでしょうか?違反なのでは?という心配もあったので調べました。

スポンサーリンク

ネトマルは違法なの?

完全個室のネットカフェの場合は、風営法に乗っ取って許可を取ってあれば合法なんだそうです。

外から見通せる窓があれば風営法の許可を得なくても合法的に営業できるので、多くの個室ネットカフェはドアに窓が付いていたり、ドアの上下が大きく空いている場合が多いです。

仕切りが低くて隣が見えそうだったりするのは、風営法に引っかからないようにするためです。

しかしネトマルの場合は、完全に個室になりますね。

この場合は、部屋の悪用を防ぐために、身分提示をして会員にならないと利用できないようにしているから、できることなのです。

ネトマルは身分証を提示して会員になる

ネトマルは身分証を提示して会員になる必要があるので、中が見えないように個室にできるのだそう!

ネットカフェでも身分証提示で会員になれば個室は使えるところもあります!!

完全にプライベートが保てる個室というのはネットカフェには存在していなくて、24時間営業のネカフェは風営法の関係で仕切りが低かったり、窓がとトビラに付いているなど外部から視認ができるようになっています。

ネトマルについては身分証を提示して会員になる

飲食物を提供していない

この点で風営法には違反していないので、違法ではなく合法的に個室になっているといえます。

ネトマルなんば道頓堀店と池袋店ともにとても使いやすいので、これからも安心して使いたいと思います!

こちらの記事も人気です