キッザニアが名古屋に出来る!オープンはいつ?場所は?

ついに名古屋に『キッザニア』が出来ることになりました!

17年4月にオープンする『レゴランド』も期待大ですが、『キッザニア』が大好きなファミリーにとっては、朗報ですね♪

スポンサーリンク

名古屋に出来るキッザニアって?

『キッザニア』は世界十九カ国で展開する職業体験型テーマパークです。

就学前 – 小学生程度(キッザニア東京は3歳 – 15歳)の児童を対象としており、主要な80職種について職業を模擬体験することができます。

入場料は、子供の方が大人より高く設定されている。基本的に各パビリオン内には大人は入れず、外から見学、または別室の保護者ラウンジで待機する。場所により子供に同伴できる。
開業すれば日本で三カ所目となり、中部地方では初めて。年間数十万人の親子連れの来場者数を誇ります。


キッザニアはメキシコ発祥。お菓子工場や科学研究所、裁判所、新聞社、消防署などを模したパビリオンが並び、子どもらがユニホームを着て仕事を体験する。対価として専用通貨がもらえ、施設内で買い物をすることもできます。スポンサー企業の支出金と入場料で運営する企業スタイルです。

日本では2006年に東京で、2009年に兵庫県でそれぞれオープン。ことし11までに東京は約870万人、兵庫は550万人が来場しました。日本の運営法人は名古屋進出で中部圏のレジャー需要を取り込む構想だそうです。

地権者の東邦ガス、跡地再開発を担う三井不動産も誘致に前向き。工場跡の再開発地区「みなとアクルス」は三十三ヘクタール(ナゴヤドーム六個分)に及びます。

キッザニアは地区内で18年秋に開業する大型商業施設「ららぽーと」の隣につくられる計画。開業時期は未定だが、ららぽーと開業後の21年ごろとみられ、アルバイトなどで数百人の雇用が生まれるといいます。

キッザニア公式URL:http://www.kidzania.jp/

キッザニア名古屋の場所は?

建設場所は、名古屋市港区の東邦ガス工場跡地を計画しているようです。ここには、『ららぽーと名古屋』がオープンの予定です。



 

 

キッザニア名古屋 まとめ

同じ港区の名古屋港金城ふ頭では日本初のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が来年四月に開業します。



みなとアクルスとは中川運河を通じて船で結ばれ、一帯が新たな観光名所となる見通しです。

キッザニアは子どもが小学生の頃に、阪神まで通いました。子どもにとっては本当に素敵な場所です。
子どもが生き生きと楽しそうに、働く姿を見るのも親として楽しかったです!

阪神の『キッザニア甲子園』もららぽーとの横にありますね。

そんな場所が名古屋に出来るとのことで、今から楽しみです。もう、名古屋が魅力のない都市とはいわせませんよ(笑)

♦名古屋といえばぜひお子さんと訪れて頂きたいスポットがあります!
トヨタ産業技術記念館です。大人も子供も楽しめます♪

>>トヨタ産業技術記念館の情報は楽天たびノートが詳しいです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする