最新!名阪まる得きっぷ廃止で近鉄で名古屋大阪間安く行く方法は?株主優待券?

近鉄名古屋大阪間最安値

2017年末に「名阪まる得きっぷ」という近鉄の回数券の販売が終了しました。近鉄で名古屋ー大阪難波間を移動していた方には痛手ですね!

名阪まる得きっぷが廃止された後で、最安値で近鉄を移動する方法を教えます。

「名阪まる得きっぷ」廃止後の近鉄名古屋大阪難波間の割引乗車方法は?

まずはじめに、近鉄名古屋ー大阪難波間の正規の運賃から見ていきましょう!

近鉄名古屋ー大阪難波間の正規の運賃

近鉄名古屋ー大阪難波間の正規の運賃は 4,260円となります。

大人 小児
普通運賃 2,360 1,180
特急料金 1,900 950
DX料金 510 260

名古屋ー大阪間を安く移動する方法


「名阪まる得きっぷ」がなくなったので、名古屋ー大阪間を近鉄で安く移動する方法を考えてみます。


今の所一番安いのは


株主優待券+特急券チケットレスサービス という組み合わせになります。


株主優待券は、金券ショップかヤフオク、メルカリで手に入れましょう。

金券ショップの相場

株主優待券は、金券ショップで2千円ほどで売っています。

ヤフオクでは?

ヤフオクでの株主優待券の落札相場は約2,000円程です。


近鉄名古屋大阪間最安値


株主優待券2,000程+特急券が1900円となります。


合わせて3,900円ですね。

正規の運賃が4,260円なので、360円お得になります。

メルカリでは?

メルカリでは取扱がありませんでした。

金券類はヤフオクが強いですね。やはりオークション形式で値段が上がるのを期待してのことでしょう!

名阪チケレス割

近鉄ではネット早割で特急料金が割引になるキャンペーンをやっています。


キャンペーン対象期間

2018年9月1日(土)から12月28日(金)までのご乗車となる特急券

特急券は乗車日の1ヶ月前から発売を開始します。

※割引は2018年8月22日(水)購入分より選択可能となります。

特急券対象区間

大阪難波駅、大阪上本町駅、鶴橋駅~近鉄名古屋駅間

上記以外の駅が発または着となる場合は割引の対象外となります。

対象サービス

チケットレスサービス

割引サービス名

名阪チケレス割

割引条件と割引後の発売額

乗車日の 7日前まで に購入される場合

・発売額(特急料金)
大人 1,900円 → 1,000円(900円引き)

子ども 950円 → 550円(400円引き)

乗車日の 前日まで に購入される場合

・発売額(特急料金)
大人 1,900円 → 1,600円(300円引き)

子ども 950円 → 800円(150円引き)

当日乗車列車発車時刻までに購入される場合

・発売額(特急料金)
大人 1,900円 → 1,800円(100円引き)

子ども 950円 → 900円(50円引き)

※ご乗車には、このサービスで購入できる特急券のほか、乗車券が必要です。ICOCAなどのICカードをご利用いただくか、乗車前に券売機等でご購入ください。

知っておくべき注意事項

  • インターネットでご購入(決済)いただいた場合にのみ割引対象

  • 会員登録の有無、決済方法(クレジットカード支払/積立金支払/近鉄特急netポイント引換え)にかかわらず割引対象

  • 購入後は変更(人数変更等を含む一切の変更)ができません。変更をご希望の場合は、すべて払戻しのうえ、改めて特急券をお買い求めください。(払戻し手数料が1人につき500円必要です。)

  • 払戻手数料が1人につき500円必要です。なお、ポイントで引き換えた特急券は払戻しできません。

近鉄名古屋ー大阪難波間を安く移動する方法まとめ


2018年9月1日(土)から12月28日(金)までのご乗車なら、4,260円のところ3,360円で乗車出来ます。

変更がきかないのがネックですが、7日前までの購入で1,000円割引は魅力ですね。


キャンペーン中の12月28日(金)までならキャンペーンの利用でよいでしょう。

キャンペーンが終了したら、株主優待券+特急券チケットレスサービス という組み合わせが最安値になります。


「名阪まる得きっぷ」が廃止されて実質200円程度は、高くく支払うことになります。

新幹線の方が早く大阪に着きますので、そちらも比較検討してみてくださいね。

関連記事
新幹線の名古屋大阪間を金券ショップ利用で安くする方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする