アトピーの日焼け対策は?!日焼け止めは塗る?おすすめの商品の比較も!

スポンサーリンク
アトピー性皮膚炎の人にとって紫外線は肌の状態を悪くする物の一つです。日焼け止めを塗ってしっかり紫外線対策したいところですが、敏感肌の方やアトピーっ子の日焼けどめ選びは難しいですよね。
 
私も色々な商品を試しました。今回は、敏感肌の私とアトピーの娘が実際に試した日焼け止めクリームを紹介します。

アトピーの方の日焼け止め選びの参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

日焼け止めは塗る?塗らない?!

 
最近では紫外線の害が分かってきたので、子どもたちも小さな頃から日焼け止めを塗る時代になりました。
 
紫外線の害は怖いのでしっかり日焼け止めを塗りたいところですが、アトピっ子は肌が敏感なので塗った方が良いか、塗らないか?塗るなら何を塗るか?迷いますよね。
 
私も敏感肌なので日焼け止めが肌に合わないと赤くなったり、肌が痒くなったりします。
 
 日焼け止めは色々試したので参考になればと思いまとめてみます。
 
スポンサーリンク

日焼け止めの数字ってどんな意味があるの?

日焼け止めの数字ってどんな意味があるのでしょうか?日焼け止めに必ず記載されているSPFという数字は数が大きければ日焼け止め効果がありそうなので、なんとなく数字が高いものを選んでいませんか?

SPF15、30、50とかってあるけど、数字が大きいほど効果があるの?

SPFはシミやそばかすの原因となる紫外線B波を防御する数値のことです。

紫外線B波の日焼け(炎症)が起こる時間は20分が目安とされています。

SPF30だと、20分×30=600分(10時間)の日焼け防止効果があるという意味です。

このSPFは大きいほど紫外線防御効果はありますが、その分、肌への負担も大きくなります。

PAは+が多いほど良いの?

PAとは紫外線A波を防止する効果を表しています。

  • PA+   (UVA防止効果あり)
  • PA++   (UVA防止効果かなりあり)
  • PA+++  (UVA防止効果が非常にあり)
  • PA++++  (UVA防止効果極めてあり)

こちらもPAが大きければ大きいほど肌への負担も大きくなります。

SPFとPAはどの位のものを選べば良いの?

  • 日常生活・・・  SPF5 PA+<br />
  • 屋外での活動・・・SPF10 PA++<br />
  • 晴天でのスポーツ、海水浴・・・SPF20 PA+++<br />
  • 熱帯地方で屋外活動・・・SPF30 PA+++</p>

出典先:日本皮膚科学会HP

☆肌への負担を考えるならSPF30位が良さそうです。

私が使っている日焼け止めではこちら♪ 

敏感肌の私とアトピっ子の子どもが使っているのはNOVの日焼け止めです。

こちらのメーカーさんは敏感肌用の商品を開発しているところなので信頼できます。

 

●SPA+++
●無香料・無着色・低刺激性
●紫外線吸収剤不使用
●ウォータープルーフタイプ
○化粧下地として使えます。
○石けんで洗い流せます。

さらっとした感触でのびがよい日やけ止めローション。
紫外線をしっかりカットしながら白浮きせず、敏感なお肌を守ります。
※安全性試験を行っています。

紫外線吸収剤不使用でお肌にやさしい日やけ止めです。

落とす際の肌負担の軽減にも配慮していて石けんやお湯でも落とせるところが気に入っています。

伸びが良くて白くなりにくい所もポイント高いです。

アトピっ子を持つ友達が教えてくれた日焼け止めです

アトピっ子を持つママのおすすめです。シアバター入りなのでお肌の保護にもなります。

スキンケアも備えた全身に使えるUVケアクリームです。

天然の保湿成分・シアバター5%配合。石けんで洗い流せ、シリコン不使用の低刺激性なので、肌の弱い方も使用できます。

お子様やセンシティブなお肌の方にもお使いいただけます。
紫外線吸収剤不使用

ノンシリコンなのにサラサラな仕上がり。

 
 

日焼け止めを塗らないのも選択肢です

おすすめの日焼け止めを2点ご紹介しましたが、日焼け止めを使いたくても使えない時もあります。

肌の状態が悪い時に日焼け止めを塗るとしみて痛がったり、赤くなったりします。

肌が荒れている時は日焼け止めすら使えません。
 
使えばクレンジングなど落とす物も必ず必要になってきますしね、、、。それがまた肌を痛める原因になってしまいます。
 
娘は肌がただれて酷い時はプールや体育を見学していた時もあります。プールはどうしても肌の露出が多いので、日焼けなどの負担も大きいですよね。
 
時には日焼け止めを使わない選択も必要です!
 
そんな時は帽子やUVカットパーカーなどで紫外線を防御しましょう。
大人は日傘も必須です!

日焼け止めは自分に合ったものを探そう♪

私が子どもの時は日焼けのリスク分かっていない時代だったので、日焼け止めは使っていませんでした。お化粧もそれほど好きではなかったのでスッピンで過ごすことが多かったです。

昔浴びた紫外線が後でシミになって出てくると最近は分かってきたのでUVケアも盛んですが知らなかったとはいえ後の祭り状態で顔にはシミが出てきています。

なので、何らかの形でUVケアが必要なんだと感じます。

子どもなのか大人なのか学校での対応は?など環境がそれぞれ違いますので自分に合ったUVケアを見付けていきましょう!

 

イチオシの日焼け止めはこちら↓↓↓石鹸で落とせるところが気に入っています。

こちらの記事も人気です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。