デーツの効果効能は?栄養とおすすめのレシピ・長期保存方法まとめ!

にこトピ
スポンサーリンク

デーツはなつめやしの実です。栄養価が高く美容効果もあることから、美容に敏感な女性から今注目されています。ヨーロッパを旅行すると朝食に出てくるデーツは美意識の高い方を中心に日本でも人気で通販や成城石井、カルディなどでも手軽に手に入れることができるようになりました。

この記事ではデーツの効果効能や栄養、カロリーについて、長期保存方法や保存期間、おすすめの食べ方やレシピなどをまとめます。

スポンサーリンク

そもそもデーツとは?

そもそもデーツとは何かですが、ナツメヤシの実を乾かしたものです。ナツメヤシはヤシ科の常緑高木でアラブ諸国では、「神様の贈り物」といわれ、古代から食されていました。

砂漠を何日も旅する時はデーツとヤギのミルクだけで、過ごせるということです!

必要な栄養が沢山含まれているからか、一粒での満足度が高いです。果糖も含まれるのでデーツがおやつやデザート代わりになります。

おやつに置き換えればダイエットにもなります。ダイエット効果もあるし、美肌効果もあると言われています。一日3粒を限度に食べると便通が良くなるので、美肌にも効果的に働くようです。また栄養素も沢山含まれていますよ。

デーツはドバイのお土産としても有名ですね!

スポンサーリンク

デーツの効果効能

中近東では日常的に昔から食べられていましたが、近年ヨーロッパや日本でも人気となっています。

美容健康効果が高いといわれていて、デーツの効果効能は下記のようなものがあります。

  1. 食物繊維、アミノ酸、マグネシウム:腸を整える・便通を促す
  2. カリウム:血圧の上昇を抑え、動脈硬化を予防
  3. ルテインやゼアキサンチン:目の健康を保つ
  4. 鉄、リン、亜鉛、マンガン、ナイアシン:貧血などの予防
  5. 葉酸:近年妊婦さんに必要とされています

デーツの一粒あたりのカロリー

デーツには色々種類がありますが、デーツの一粒あたりのカロリーは約50キロカロリーです。ご飯お茶碗一杯が269キロカロリーなのでデーツ5個でお茶碗1杯分になります。

デーツは食べ過ぎに注意!

果糖が含まれるので、意外とカロリーが高いですので食べ過ぎには注意ですね!

一粒でも満足度が高いので、おやつに置き換えるのがおすすめです。お菓子やチョコレートをおやつに食べる代わりにデーツを食べる置き換えダイエットなら、効果的に他の栄養素も摂取できます。

いつもの食事やおやつにプラスしてデーツも食べてしまうのは、カロリーの取り過ぎにつながりますので気をつけましょう!

 

デーツの保存法

では次にデーツの保存方法についてみていきましょう!私はドバイのお土産でデーツを沢山頂いた時に、デーツはドライフルーツなので、てっきり常温で保存すると思っていたら、違っていました!まずくなってしまったので、それからは、調べて残りは美味しく食べれるように保存しました。

デーツの正しい保存方法をみていきましょう!

まず、開封前のデーツなら箱に書かれている消費期限までは常温で大丈夫です。

開封してしまったらタッパなどに入れ替えて冷蔵庫で保管します。私は開封後も常温の室内に置いておいたので、固く筋張ってまずくなってしまいました。

デーツの保存のポイントとしては

  • 消費期限を確認し、それまでに食べきる
  • 開封したらタッパなどの密閉容器に移す
  • 冷凍庫や野菜室ではなく普通の冷蔵室に入れる

 

ようにして下さいね。

 

デーツを長期保存する方法

デーツを長期保存する方法があります。

デーツはなつめやしの実のドライフルーツです。ドライなので保存に適していますが、長期で保存したいならアルコール漬けにするのがおすすめです。

デーツを漬け込むのに適したお酒

  • ブランデー
  • ラム酒
  • 焼酎

になります。

 

デーツのアルコール漬けの作り方

デーツのアルコール漬けの作り方はかんたんです!

  1. 瓶を煮沸消毒する
  2. デーツをお湯に10分ほど浸す
  3. デーツを入れて漬け込む

これだけです。

アルコールに漬け込むだけで長期間保存できます。

 

デーツの食べ方とレシピ

デーツはそのまま食べるのが美味しいですが色々アレンジもできます。ほのかな甘味がお料理のアクセントになりますよ!

ヨーロッパを旅行した時にガイドさんが日本では「お好み焼きソース」に入っていると言っていました。意外と身近なところで使われていたんですね♪

デーツ酒

梅酒などの要領でデーツで果実酒を作ります。

デーツと氷砂糖をホワイトリカーに漬け込みます、1ヶ月くらいで飲めますが、長く置くほうがコクが出ます。炭酸水で割っても美味しいです。

デーツシロップ

デーツをお湯につけて戻し、種を取りそれをミキサーにかけるとシロップになります。アルコール漬けではなく生で作る場合は、日持ちしないので注意しましょう!自然の甘みで美味しいです。

デーツをおつまみとして食べる

デーツに切り込みを入れてクリームチーズと刻んだくるみを入れれば、お洒落なオードブルになります。ワインに合いますよ。

アイスクリームやヨーグルトのトッピング

デーツのアルコール漬けを刻んで、アイスクリームやヨーグルトのトッピングにするとお洒落で美味しいですよ。

パウンドケーキやホットケーキに混ぜる

アルコール漬けで柔らかくなっているので、刻んでパウンドケーキやホットケーキに混ぜるのもおすすめです。アクセントになって美味しいです!お好みでナッツを入れて焼いてもいいです♪

これはかなり美味しいですよ。

カレーに入れる

レーズンをカレーに入れる感覚でデーツをいれると甘みが出て、味に深みが出ます。美味しいので試してみてください。

 

デーツの保存期間や食べ方まとめ

はじめてデーツを食べたのはアラブ首長国連邦のドバイに旅した人からもらったお土産が最初でした。ほのかな甘味と食べた後の満足感でトリコになりました!

美容にも健康にも良いとのことで、おやつ代わりに食べるようになりました。カルディーコーヒーファームや成城石井にも売っていますが、近くにないし、私は常備していたいのでAmazonで購入しています。

デーツといっても多くの種類がありますので、食べ比べてみるのも楽しいですよ♪

私のおすすめはAmazonの無添加のデーツです♪

Amazonのデーツ

 

なつめやしの実を乾燥させたドライフルーツのデーツ!やみつきで常備しています。おやつ代わりに食べてダイエットになるのでおすすめです!

デーツ!一度ためしてみてくださいね♪

こちらの記事も人気です