アトピーを漢方薬で治すには?ツムラの漢方は?病院で処方された薬を公開!

nikibi-kannpou





アトピーの方が、どうにかして治りたいと思った時に
一度は取り入れようかと考える物の一つに『漢方薬』があるのでは
ないでしょうか?



我が家にも17歳になるアトピーの娘がおります。



幼い時からステロイドを騙しだまし使って来ましたが、脱ステロイドを
したことを機に症状が一気に爆発したことがあります。




そんな時に救ってくれたのが『漢方薬』でした!





脱ステロイドについて書いています。よろしければご覧下さい。
↓↓

ドラッグストアに行けばツムラの漢方薬が沢山並んでいますね。
皮膚科でも漢方薬を処方する医者もありますし、

ドラッグストアで買う時には処方箋はいりませんね。



今回はアトピーに漢方薬は効くか?について書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

アトピーと漢方

アトピー性皮膚炎を皮膚の問題だと考えて、
薬(主にステロイド)を塗っても一時的には効きますが、
根本的に直すことは出来ない様な気がします。




『肌は内臓の鏡』とも言われていて、肌が身体の内部の不調を表している
事も多いですね。
ですから、表面の肌のことだけ考えて薬を塗っても根治出来ないのは
当然なのかも知れません。




このブログでは薬に頼らずに体質改善をしましょうという事を一貫して
書いているつもりです。



体質改善という意味合いで言えば漢方薬はアトピーの治療の
助けになるのではないかと考えています。

漢方薬とはどんなもの?

では、漢方薬とはどんなものなのでしょうか?


漢方薬は体の内部の不調を見極めて、じっくり改善し体本来の治癒力を高
めるのに適しています。

 

効果はゆっくりかもしれませんが副作用も少ないです。
(まったくない訳ではないですし、多少何らかの副作用はあると
思った方が良いです)

体の内部からアトピーを治して、ついでに体質改善も期待できるのは魅力的ですね。


漢方の専門医は、患者個人の病気の症状や、体質、生薬がその人に合うかどうかなど
の条件を表す基準「証(しょう)」を見極めて効果のある漢方薬を処方するそうです。

 


ですから、病名がアトピー性皮膚炎だからと言っても同じ薬が処方されるのでは
無いのです。
患者さんの体に合わせて薬が出るという訳ですね。


実際に処方された薬は?

知り合いのOLさんで子どもの時からひどいアトピーに悩んでいて方
がいるのですが、最近お会いしたら漢方薬で症状が落ち着いて




とても助かったという話を聞くことが出来ました。



その方は落屑(皮がポロポロ落ちること)が酷くて顔と手に酷く
症状が出ていました。




私は17年間娘のアトピーと向き合って来たし、これからも向き合わないと
いけないので、アトピー関連の情報にはいつもアンテナを高く
しているんですよ。



なので、お嬢さんにお願いしてお薬とお薬手帳を見せて頂きました^^




どんな薬が出されるのか?どんな薬で治るのか?私だったら興味があるので、
同じように関心がある方の為にシェアしますね。


P1160909

P1160907




「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒  4g
「クラシエ」黄連解毒湯15g
「ツムラ」 十全大補湯エキス(48番)5g
「クラシエ」黄連解毒湯15g
「オースギ」四苓湯細粒 18g

 セチリジン セチリジン塩酸塩 1錠
 重質酸化マグネシウム 1g
 亜鉛華軟膏

漢方薬はその人に合わせてとか言うので参考程度にしかならないかも
知れませんが、これでかなり楽になったとの事ですので備忘録の為にも
書いておきます。


クラシエとかオースギはジェネリックで薬価が安いので
使われたりもしますので、ツムラにも同じ漢方薬があります。





まとめ☆

アトピーで悩んでいるのなら漢方薬を使うのも一つの方法かも
知れないと思います。


漢方薬は病院で処方してもらった方が安いですが、ツムラの漢方薬でしたら、
ほぼ全種類普通のドラッグストアに置いてあります。

処方されたお嬢さんは体重50kgくらいの女性です。




私は漢方薬で体質から変えて体に働きかけてアトピーを治す方が
ステロイドを使うよりは良いかなと思います。

合う合わないもありますし、個人差はあります。
私は医者ではないので効果や副作用についてはご自身の判断でお願いいたします。




実際、漢方薬ってどうなんだろうとかどんな薬が出ているんだろう?
と思いますよね。疑問の答えにはならないかも知れませんが




何かのお役に立てれば嬉しいです♪


☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク