伊奴神社(名古屋市)初詣2022交通規制・駐車場アクセス御朱印まとめ

伊奴神社名古屋市初詣混雑

名古屋市西区にある伊奴(いぬ)神社は、1330年余りの歴史を持つ、名古屋市で有数の古社です。

毎年大勢の初詣客が訪れて混雑すると予想します。

この記事では、伊奴神社の場所や参拝時間、駐車場、行き方などの情報をまとめます。周辺では交通規制も行われますので、交通規制についても書いていきます。

伊奴神社とは?

伊奴神社名古屋市駐車場
・住所:〒451-0012 愛知県名古屋市西区稲生町2-12

・伊奴神社社務所電話:052-521-8800

・御祈祷は毎日受付

・時間帯:午前9時30分~午後4時30分 予約:不要

伊奴神社の地図

スポンサーリンク

伊奴神社へのアクセス

高速道路
[名古屋市内、三河、知多半島方面からの場合] 名古屋高速清須線 庄内通出口より3分

[一宮、岐阜方面からの場合] 名古屋高速清須線 鳥見町出口より3分

地下鉄
鶴舞線 庄内通駅下車 徒歩約10分
(1)番出口を出て右手(北)に進む、3分程歩くと庄内用水路が横切っているので用水路の遊歩道に沿って東へ7分程です。

市バス
名駅発
12系統 如意車庫行き
13系統 上飯田行き/中切町行き

栄発
13系統 安井町西行き
11系統 如意車庫行き/平田住宅行き

伊奴神社の」駐車場

境内の南と北、東に駐車場があります。

2022年初詣交通規制

大みそかの夜や三が日の一部時間帯は神社周辺で一般車両の通行を禁止。

伊奴神社名古屋市交通規制

伊奴神社の参拝御朱印受領について

伊奴神社の御朱印、オリジナルの御朱印帳もあります。

伊奴神社名古屋市御朱印

伊奴神社まとめ

伊奴神社は、第40代天武天皇天武天皇(白鳳)2年(673年)、この地で取れた稲を皇室に献上した際に社殿を建立したと伝えられています。

御代にこの地で取れた稲を皇室に献上した際に建立されたと言われており、1330年余りの歴史を持つ有数の古社です。

古くから安産の神様や子宝祈願として地元の市民に愛されてきた、伊奴神社です。

初詣は大勢の参拝客が訪れますが、特に干支が戌年の年は大変な混雑になります。

また、交通規制も行われますので、注意が必要です。また残念ながら犬は入れません。

12年に一度の戌年の2108年は、名古屋市西区の伊奴神社に参拝に行かれてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もご覧ください↓↓↓
熱田神宮 初詣 参拝時間駐車場・地下鉄運行時間まとめ

■私の願いが叶った護符■

護符についてもう少し詳しく知りたい方への詳細はページはコチラ
願望別の護符の画像も確認できます
↓↓↓


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。