名古屋まつり2017の日程は?栄交差点の最前列で見る方法!教えます!

名古屋の秋を彩るお祭りの『名古屋まつり』が2017年も開催されます!

今年の日程はいつなのでしょうか?昨年はディズニーパレードがあり例年以上に盛り上がりましたね。

今回は、2017年の名古屋まつりの目玉などについてまとめていきます。

せっかく名古屋まつりに出掛けるなら、栄交差点の真ん前で見たくないですか?私は、いつも特等席をゲットしています!
ちょっとしたコツを掴めば、誰でも栄交差点で見ることができてしまいます。

何時間も前から並んだりは一切しません。2017年も名古屋まつりを楽しみましょう!

スポンサーリンク

名古屋まつり2017の日程

2017年の名古屋まつりは10月21日(土)、22日(日)に開催されます。

時間など発表されましたら追記していきますね。

名古屋まつり公式サイト

名古屋まつり行列観覧席チケット購入方法

名古屋まつりの目玉である、郷土英傑行列をはじめとする行列を、観覧席でゆっくりと見ませんか?

高くなっている観覧席から見る英傑行列は格別ですよ!

2016年の販売状況

販売日:9月15日(木)から発売開始 10月14日(金)まで販売※完売になり次第終了
開催日:10月16日(日)のみ(10月15日の行列観覧席はございません)
開 場:10:00
料 金:共通2,000円(大人子供同額です)
・お子様でもお席を使用される場合はチケットが必要となります。
・当日荒天により、全日中止の場合は購入された店舗で1ヶ月間払い戻しいたします。
販売席:名古屋市役所本庁舎前 Aブロック(北側)
               Bブロック(南側)  
販売場所:名鉄観光、ぴあチケット、 ローソンチケットになります。

2017年も同じような時期からの販売になると思います。とても見やすくて良いですよ!

名古屋まつりを栄交差点で見る

          
名古屋まつりを栄交差点で見たことはありますか?栄交差点では関ヶ原の合戦などの演舞場になっていて、英傑行列を一度はここで見て頂きたいです♪

ここで見るためには、何時間も前から陣取っていないといけないと思っている方もいるかもしれませんが、ちょっとしたコツを知っていると全く並ばずに、最前列がゲットできたりします。

名古屋まつりまでに図を使って説明できる様にしますので、楽しみにお待ちくださいね。

無料開放施設2017

名古屋まつり当日には、名古屋市内のいくつかの観光施設が無料開放されます。

2日間ある内の日曜日だけですが、入場料が無料で入れますので、お得です。2016年の名古屋まつりの無料開放施設は以下の通りでした。

■無料開放施設(日曜日)

・名古屋城

・徳川園

・白鳥庭園

・東山動植物園

・東山スカイタワー

・東谷山フルーツパーク

・でんきの科学館

・名古屋市博物館(常設展)

・名古屋市美術館(常設展)

・揚輝荘

・トヨタ産業技術記念館

・文化のみち二葉館

・文化のみち橦木館

■割引施設(日曜日)

・トヨタ産業技術記念館(名古屋まつりガイドブック提示)

・ノリタケの森(クラフトセンター・ノリタケミュージアム)(名古屋まつりガイドブック提示)

・名古屋市科学館(名古屋まつりガイドブック提示)

2017年の詳細が分かりましたら掲載しますね。

名古屋まつりはお得な切符で!

名古屋まつりは土日で開催されますので、『ドニチエコきっぷ』が使えます。

名古屋市営地下鉄と市バスが一日乗り放になるというフリ―パス券です。お値段は大人¥600。

ドニチエコきっぷで無料開放の施設を回るのも良いですね!
これが一枚あれば、地下鉄も市バスも自由に乗り降りできますよ。
 

まとめ☆

名古屋まつりは2日間にわたって行われますが、目玉は何と言っても絢爛豪華な英傑行列ですね!

この英傑行列は土曜日と日曜日では通るルートが違います。

無料開放施設に行くも良し、最近ますますお洒落になった名古屋駅周辺に行くも良し、栄や大須に行くも良し!!名古屋の街を楽しんで下さいね。 

名古屋まつり2017についての詳細が分かりましたら、ドンドン追記していきますので、お楽しみに♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク