円頓寺 秋のパリ祭 2018開催はいつ?日程やアクセスは?楽しみ方をご紹介♪

円頓寺パリ祭り 名古屋の様子


名古屋市西区にある、円頓寺(えんどうじ)商店街がパリのパッサージュ(パリの屋根付き商店街)になる二日間。

『円頓寺秋のパリ祭り』が今年も11月に2日間に渡って行われます。

フランスをイメージさせる雑貨や花、飲食などのフリーマーケットと、ライブ&パフォーマンスを楽しめる催しです。



私も毎年楽しみにしていて、今年も行くつもりです。お洒落で楽しいパリ祭りに行ってみませんか?


この記事では、円頓寺の秋のパリ祭りについて、まとめます。

名古屋円頓寺パリ祭りの基本情報

  • イベント名:円頓寺 秋のパリ祭 2016
  • 日程:2018年11月10日(土)~2015年11月11日(日)
  • 時間:11:00~18:00
  • 会場名:円頓寺商店街
  • 料金:無料
  • お問い合わせ先info@endoji-paris.net
  • 公式URL:http://endoji-paris.net
  • アクセス

    地下鉄桜通線 国際センター駅を北へ徒歩5分、

    市バス「明道町」「円頓寺通南」


地図

周辺の駐車場について

コインパーキングは周辺に沢山ありますが、出展者さんも車で来るので、
満車のところが多く探すのが、大変です。

たまたま、運良く空いていることもありますが・・・。



私は、何か大きな物を買った時のために、いつも車で行きます。
人通りが多く、道幅が狭いので駐車場を探す時は気を付けて下さいね。

徒歩の場合

地下鉄で行く時は、「国際センター」「丸の内」からは徒歩圏内です。
利用しやすい路線の駅から歩けばOK。


近いのは「丸の内」かと思います。
地図上では「国際センター」駅も近そうに見えますが、改札からの地下道がかなり長いです(汗)

パリ祭りの楽しみ方

アーケードの両側にアンティーク屋さんや雑貨屋、アクセサリーなど沢山のお店が並びます。
円頓寺パリ祭り 名古屋の様子 


パリ祭りだけにお洒落です!

円頓寺パリ祭り 名古屋の様子

ミニステージがあってシャンソンが歌われていたり、アコーディオン弾きがいたりで雰囲気たっぷりです♪

買ったり、食べたり、飲んだり、聞いたり、感じたり・・・。とても、楽しいので多くの人で賑わっています。

名古屋円頓寺パリ祭りまとめ☆

円頓寺商店街やその近くの四間道(しけみち)は、お洒落なカフェや雑貨屋さんなど、お洒落なお店が続々とオープンしている
今、名古屋で最も注目されている地域のひとつですね!


★楽天たびノートで四間道の場所を確認する★

パリ祭りは、食べるものも美味しいですし、美味しいワインも飲めます♪
素敵な雑貨やアンティークなども売っていたりと、とても楽しいです。
アーケードは屋根がありますから、雨でも安心です。


パリ祭りの他にもクラフトマーケットが、道続きの隣の円頓寺本町商店街でやっています。


堀川でゴンドラに乗れたりだとか、周辺もイベントを沢山やっていますよ。


パリ祭りの会場で詳しい地図を配っているので、周辺を色々散策してみるのも楽しいと思います。


私も今年のパリ祭り、行きます♪
みなさまも、名古屋に居ながらにしてパリを感じられる、パリ祭りに出掛けてみては、いかがでしょうか?


P.S.
パリ祭りは11時からです。早すぎると準備が出来ていないし、遅すぎると食べるものは、売り切れます。

有名なお店が出典しているので、どれも美味しいですが、

椅子などはほとんどありませんので、立ち食い覚悟で(笑)


美味しいものを食べたい時は、お昼前に着くと良いかもしれませんね。秋の一日を楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする