人見知りでバイトが辛いできない人でも働ける!おすすめの仕事7選

にこトピ
スポンサーリンク

人見知りでバイトができない辛いと悩む人が多くいます。コミュ障の人でもお金のために働かなくてはならないこともありますよね。人見知りの人が数あるバイトの中で、働くとしたら、できるだけ負担の少ない仕事を探したいですよね。少ないコミュニケーションで済む、おすすめのバイトを紹介します。

バイト選びとが仕事がスムーズに進められる工夫も書いているので、バイト・仕事選びの参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

人見知りでバイトができない人でもが働ける!おすすめの仕事

人見知りでバイトができない人でもが働けるおすすめの仕事としては、接客業は避け人と接することが少ない仕事を、はじめは選ぶことがだいじです。

接客のない仕事から始めて徐々に自信を付けられたらいいですし、ずっとコミュニケーションのない仕事でも問題ないです。

ひとみしりの方におすすめのバイトの一例を上げていきますね。

ネットスーパーの品を集める仕事

イオンなどの大型スーパーにはネットで買い物出来るネットスーパーがあります。その注文品を集めて来る仕事があります。

最初だけはやり方を教えて貰う必要がありますが、基本は売り場から品を集めて来るだけで、レジのような接客がないので、コミュニケーションに不安がある人には向いている仕事です。

ドラッグストアの品出し

ドラッグストアの品出しもおすすめの仕事です。

ドラッグストアで働いている人はレジも含めて女性のパートさんが多いですが、品出しはバイトでもできる仕事で、ダンボールなどに入った商品を扱うため、多少の体力はいりますが、コミュニケーション能力はあまり必要ありません。

スーパーの品出し

スーパーの品出しはドラッグストアと同じ要領ですが、大体はお客さんがいる時間ではなく、開店前に行っていることが多いです。開店前の時間に働ける人には良い仕事だと思います。

閉店間際のお客の少ない時間帯に品出しをしてる店もあるので、時間が合えば良いでしょう!

ポスティング

ポスティングは同じ曜日の決められた時間内にポストインする必要があります。決まった時間に働ける方には向いています。

歩くので体にもいいですね。注意が必要なのは、チラシなどを入れないでといわれているお宅には、入れないように指導されるので、その家を覚えてポストインしないようにします。

間違えてチラシを入れてしまうとクレームが入りますので、きちんと覚えるようにしましょう!ポスティングの仕事は決められた配布物をポストに入れなくても分からないだろうと思ってズルする人がいます。ズルしても分かってしまうのでちゃんとやりましょう。

なぜ分かるかというと、ポスティングしたら何割か必ず反応があるはず…という感じで反応で分かるみたいです。

スポンサーリンク

大学生以上ができる仕事

人見知りの方が出来る仕事として、上記以外で大学生以上の方なら次のような仕事もおすすめです。

男性の場合の仕事

バイトを探しているあなたの年齢によって仕事も違って来ますが、大学生以上の男性なら、土方か引越しのバイトも良いかもしれません、日雇い的な単発の仕事なら、そこまでも深入するような関係性にはなりません。

女性の場合の仕事

女性なら、清掃か配送業者の仕分けのバイト、ラインの仕事もおすすめです。ヤマトの仕分けとか郵便局の仕分けとか、黙々とできます。

地域にもよりますがヤマトさんは、外国人の方も多く働いています。そもそも日本語でのコミュニケーションはあまりできません。

ただ、かなり忙しい職場でその日に終わらせる量が決まっているので、きつい場合があります。

コンビのお弁当などを作っている会社などでは、ラインで流れてくるお弁当に野菜などを計ってのせる仕事もあります。こういった仕事中は話を出来ないので、コミュニケーションの必要がなくおすすめです。

人見知りでバイトができない人の仕事術!

人見知りでバイトができない人が仕事を始める時は、まずは仕事選びが大事ですね。

それに加えて円滑に仕事が進められるように工夫をしましょう。

必ずメモを取る

どんな仕事でも教えてもらう時など多少のコミュニケーションは必要になります。ここは仕方がないです。早く仕事を覚えて何度も聞かずに済むように、必ずメモを取るようにしましょう。

コミュニケーション能力がなく対人恐怖症なら、始めは人とかかわらないバイトから始めて、自信が付いてくるようなら接客業を考えても良いでしょう。

コミュ障や対人恐怖症なら、スーパーや倉庫内でのピッキング作業や品出しなどから始めるのが良いです。

挨拶はしっかり、おどおどしない

コミュ障を自称している方は、もちろん挨拶は苦手だと思いますが、自分に関わる上司、例えば店長などがいる場合は、挨拶だけはきちんとしましょう。

後は、変におどおどしていると、イジられることになりかねないので、できればおどおどを見せないようにしたいです。

これは、できる限りで大丈夫です。

紹介で入る

コミュ障だと友達がいないとか、働いていることを知られたくないとかあると思いますが、自分が信頼できて守ってくれそうな人がいたら、紹介で入るのも良いかもしれません。

あまり人を期待してもいけないですけどね…。

差し入れをする

高いものはお互いに負担になるので、チョコレートなどをさり気なく「食べますか?」と差し出してみる!というのはおすすめです。

人はモノに弱いです。何かをもらって悪い気はしません。何かお返しをしたいと思うものです。距離が縮まる場合もあるので、無理のない範囲でやってみましょう。

人見知りでバイトができない人の仕事選びまとめ

人見知りでバイトができない人の仕事選びについてみてきました。初めてのことは誰でも怖いものです。一歩を踏み出すのも大変ですよね。

でも金銭的な理由などから働かなくてはなりませんよね。できるだけ、ストレスをためずに済むような仕事が見つかると良いですね。

応援しています。

私はこうしてブログを書いていますが、ブログの記事を書いてくれる人を求めている人もいて、そんな仕事もあります。

文字を書くことが好きなら、クラウドソーシングといわれる会社に登録すると良いかもしれません。

ライターの仕事はマニュアルをくれる場合も多いので、指定された通りに調べたりして文章を書いて納品するだけで、お金がもらえます。

パソコンがある方が良いですが、今はスマホで文章を書いて納品する人もいますよ。自分が文章を書くスキルを上げていけば、ライター業だけで食べている人もいます。

You-Tubeとかが好きなら動画編集を仕事にすることも出来ます。まずはクラウドソーシングサービスに登録して、かんたんな仕事から始めてみるのがおすすめです。

有名な「クラウドワークス」では18歳以上なら仕事ができます。未成年の場合は親の同意が必要です。

ライターや動画の編集こそ、コミュニケーションに不安な人に向いている仕事だと思います。クリエイティブな仕事ですしね。

パソコンのスキルが付けられれば、リアルな仕事でも重宝がられる事も多くなりますよ。

クラウドワークスの仕事を見てみる

お金を得るためには仕事することは必須になりますね。少しでも負担のない仕事がみつかりますように♪

こちらの記事も人気です