たけしの家庭の医学・アカモク(ギバサ)ダイエット。内臓脂肪を減らす海藻通販

名医とつながる!たけしの家庭の医学9/26放送分。 アカモク(ギバサ)が内臓脂肪を減らし、ダイエットにも効果的なことが分かりました。番組を見ながら内容をまとめていきます。

アカモクは、食物繊維やミネラルが豊富で健康効果が高い、話題のスーパーフードですが、なんと内臓脂肪を減らす効果もあるそうなんです。

内臓脂肪減らすという海藻・アカモクを使ったダイエットレシピについてまとめました。

スポンサーリンク

名医とつながる!たけしの家庭の医学放送時間

名医とつながる!たけしの家庭の医学 【内臓脂肪を減らす(秘)海藻&ご長寿ホルモン】
2017年9月26日(火) 19時00分~21時48 から放送

たけしの家庭の医学予告動画

 【内臓脂肪を減らす(秘)海藻&ご長寿ホルモン】

たけしの家庭の医学放送内容は?

たけしの家庭の医学で、運動せずに痩せられる物質の正体は?何なのでしょうか?
番組によりますとその海藻の正体は『アカモク』と呼ばれる海藻でした。

内臓脂肪を減らす海藻を発見!

高血糖、動脈硬化など万病の原因になる内臓脂肪。食べるだけで内臓脂肪を減らしてくれる海藻、そんなスーパーフードが東北で食べられている!医学界も注目する海藻の正体は『アカモク』と呼ばれる海藻です。

アカモクは日本海沿岸で収穫できる海藻のこと。

旬は3から5月です。食べるだけで運動しなくても内臓脂肪が減るスーパーフード。

秘密は、食物繊維「フコダイン」が豊富だということ。昆布などの海藻に比べても比べ数倍含まれているそうですよ!

アカモクを茹でて冷水で洗うとねばねばした成分が出てきます。 さらに包丁などで叩くとより粘り気が出てきてモチモチになります。 このネバネバ成分が、海藻類に含まれる「フコイダン」という食物繊維なのです。


家庭でマネできる食べ方を大公開!

秋田県では『アカモク』をギバサというそうで、スーパーで一年中食べられているそうです。

いつも食べている人の内臓脂肪を検証

いつも食べている秋田の人は、内臓脂肪が少ないことが分かりました。

さて、アカモク(ギバサ)の食べ方です。

・湯どうしたアカモクを包丁で細かく刻んでまぜて、できるだけ粘りを出した方が良い。
・アカモクにめんつゆにを混ぜて、白いご飯に乗せて食べます。とろろいもご飯のような感じですね。
・冷ややっこの上に乗せたり、お味噌汁に入れたり、うどんの中に入れる。

まとめ☆

私を含めダイエットに苦心している方は多いと思います。やはり、痩せることは簡単ではないです!

でも、今日の紹介されたスーパーフードの『アカモク』を食べるだけなら、かんたですね。

問題はかんたんに手に入るかどうかですが、今はネットを使えば何でもでに入るので便利になりましたね♪

私も早速注文してみましたので、『アカモク生活』始めてみます。

⇒アマゾンなら『アカモク』がすぐに届きます!種類も豊富です♪


▼よろしければ、こちらの記事もお読みください▼

⇒たけしの家庭の医学9/26 脳内物質NGFの増やし方!まとめ
⇒たけしの家庭の医学9/26肩こり解消ストレッチ・肩すとん&ブーケトスのやり方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする