お風呂のカビ取り法【ためしてガッテン流】ゴムパッキンのカビ撃退法

お風呂のカビ取りゴムパッキン

お風呂場ってちょっと気を抜くと、カビが生えたり、

ヌルヌルしたりしますよね。特にカビは厄介です。

我が家にはアレルギーの娘がいるので、

お風呂のカビには気を付けている方だと思っていました。

でも、私がカビを取る為にやっていた掃除は、カビにとっては

かえって好都合だったのです!


もし、あなたが今まで良いと思ってやっていたお掃除方法が、

逆効果だったとしたら?

NHKの『試してガッテン』で実験していた、ゴムパッキンの

お掃除法が目から鱗だったので、お伝えしますね。

最小限の手間で、お風呂場のカビを撃退しましょう!

スポンサーリンク

お風呂のカビ取りの間違った掃除方法とは?

ためしてガッテン
2016-06-15(水曜日)夜7時30分(45分)
【カビ退治!ついに終結宣言】で
やっていた内容です。

番組内で紹介されたカビの専門家によると、

カビ取り剤を使って掃除をする時に

ブラシや歯ブラシなどで壁やゴムパッキンをゴシゴシすることが、

カビをに生えやすくする原因だ!ということです。



いや~衝撃ではないですか?カビを撃退するための掃除が

逆にカビを繁殖させる行為だったとは?

壁やゴムパッキンなどを、ブラシでゴシゴシこすると、

表面に無数の凸凹が出来て、

この凸凹にカビの胞子が入り込みやすくなるのが原因だそうです。

お風呂のゴムパッキンには、よくカビが生えていますが、

断面を切り取って電子顕微鏡で見ると、表面はカビ取り剤で

綺麗になっていても、カビ取り剤の成分が届かない深い所で

カビの胞子が根を下ろしているらしいです。

『憎っくきカビめ~!』と思って、歯ブラシでゴシゴシしていたのは

逆効果だったのですね(涙)

お風呂のゴムパッキンのカビ撃退法

それでは、ガッテンで紹介していたゴムパッキンのお掃除方法を

ご紹介しますね。

ポイントは、50度のお湯を5秒間掛けるです。

50度の湯を5秒間掛けるとカビは死滅するのだそうです。

ただ、ゴムパッキンの奥のカビにお湯が届く為には、5秒では足りず、

50度のお湯を90秒掛けます。そうすれば、

パッキンの内部のカビも全て死滅するらしいです。



<やり方>

  1. 50度の熱いシャワーを90秒間当てて内部のカビを撃退

  2. カビは撃退出来ましたが、表面の黒いカビは残っているので、
    市販のカビ取り剤で漂白する。(擦らない)

  3. 週に1回50度シャワーで50秒間、カビの生えそうな部分をシャワーする。

カビは胞子から成長するまで1週間位かかるので、週に1回のシャワーで良い。

上記の方法でカビは死んでも黒いカビの残骸は残る。

気になる場合は、市販の目地修正剤で補習すれば完璧だそうです。


このお風呂のパッキンのカビはきれいになるのでしょうか?

お風呂のカビ パッキン

50度のシャワーのお湯を90秒間掛けます。

お風呂のカビ パッキンにシャワーすろ

見た目はほとんど変わりませんね。

お風呂のカビ パッキン掃除

今までブラシでゴシゴシしていたのがいけなかったですね(汗)
見た目には黒い汚れが残るのは仕方がないようです。

ただ、カビは死んでいるそうですから、健康被害はなさそうですね!

お見苦しい画像ですみません。

 

まとめ☆

我が家には、アレルギー体質の子どもがいるので、カビ対策は

結構しているつもりでした。

でも、気が付くとゴムパッキンにカビが~(汗)

『カビ全然取れないじゃん』といつも思っていましたが、

ゴシゴシがいけなかったんですね。

今回番組でこの方法を紹介されていたのは、、

NPO法人カビ相談センター・東京農業大学客員教授の

高鳥浩介先生という方です。こういう機関もあるのですね。



カビはアトピーや喘息などの方には大敵ですし、

健康被害がありますので、清潔に保つためにも

【ガッテン流】をお試し下さいね。

☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク