まん延防止で部活動の練習や大会はどうなる?愛知県と名古屋市の対応をまとめてみた!

「まん延防止等重点措置」の適用を決めた愛知県と名古屋市の部活動について、練習が行われるのか気になりますね。

愛知県は「まん延防止等重点措置」の適用を踏まえたて県立学校等の対応について発表しました!

この記事では、「まん延防止等重点措置」で部活動が休みになるのか?合宿は?などをまとめます。

「まん延防止等重点措置」愛知県と名古屋市の部活はできる?

愛知県は、令和3年4月16日付けで、

愛知県は4月20日(火)から5月11日(火)までの期間、

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」を実施すべき区域とされました。

スポンサーリンク

まん延防止で部活動の練習や大会はどうなる?愛知県の対応

(1) 放課後や休日において、特に感染リスクが高い生徒同士のカラオケと
会食について、自粛するよう指導する。

(2) 教育活動について、「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学
習活動」は、行わないこととする。

(3) 部活動について、合宿は、自粛する。

上記のように通達されました!

これによって、県立の学校の部活動は練習はできるが合宿はできないという状況になりました。

県立だけでなく私立の学校にも同様の対応を求めていますので、どちらも部活動自体はできるが、合宿は自粛することになります。

部活の練習はコロナで密にならないように対策しながら行うこととなります。

まん延防止で部活動の練習や大会はどうなる?名古屋市の対応

まん延防止で部活動の練習や大会はどうなるかですが、名古屋市の対応も愛知県に準ずることになります。

河村名古屋市長は大村愛知県知事に敵対心を持っていますが、今回は、国や名古屋市教育委員会の決定に従うと思います。

名古屋市長選に忙しいですから、波風は立てないでしょう。

まん延防止・部活動愛知県と名古屋市対応まとめ

「まん延防止等重点措置」の適用を踏まえた愛知県と名古屋市の対応が発表されました。

これにより、4月20日(火)から5月11日(火)までの期間の部活動については、『合宿は自粛する』とのことなので、練習自体は行われます。

コロナの感染拡大が収まらない中、学生も我慢を強いられることになりそうですね。