【湯あみの島】お得な活用法! 割引や駐車場・持ち物は?遊んだ後は温泉で!


湯あみの島

ナガシマスパーランドは遊園地部門で全国4位
入場者数を誇る東海地方が誇る一大レジャーランドです。
年間利用者数は約500万人です。
東京ディズニーランド
東京ディズニーシー
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ利用者数です。
私も子供の頃から毎年行っています。

ナガシマには遊園地だけでなくアウトレットもあります。

ところで、みなさんはナガシマに行った時に『湯あみの島』には行きますか?
長島に行っても、『湯あみの島』には行かない方も多い気がします。

行ったことがない方には、『湯あみの島』が
どんなところか知ってもらいたい!
行ったことがあるという方にも、「え~!そーだったの?」と思って頂けるような
お得な情報を、年に数回は行っている私がご案内します♪

ナガシマスパーランドは1966年3月の開業ですので、
老舗ですね。
東海圏はもとより大阪などの関西圏や北陸地方からも近く
アクセスも良いです。

私は日帰り圏内ですが、泊まりで行かれる方の
ホテルについてはこちらでまとめてあります。

泊まりで行きたいけど、予算的にも日帰りでという方も
多いかと思います。
そこで活用していただきたいのが、『湯あみの島』です。

『湯あみの島』というのはナガシマスパーランドの
中にある天然温泉の施設です。

昔はナガシマスパーランドではなくて、長島温泉とうい名前だったくらい、
ナガシマは温泉に力を入れている気がします!
長島に来て温泉に入らずに帰るのはもったいない!
という訳で、今日はナガシマスパーランドにある『湯あみの島』
についてお得な情報満載でお届けします。

スポンサーリンク

『湯あみの島』の料金と営業時間

基本情報

住所 : 桑名市長島町浦安333

電話番号 :0594-45-1111(湯あみの島)
公式URL :http://www.nagashima-onsen.co.jp/yuami/index.html/
営業時間 :9:30~23:00 (受付22時まで) ※時期により変動あり
休業日 :6月下旬、1月下旬頃の平日5日間にメンテナンス休業あり。

公共交通機関でのアクセス
JR関西線、近鉄名古屋線「桑名駅」から三重交通バスにて約20分終点「長島温泉」下車
名古屋駅バスセンターより直通バスあり

車でのアクセス
東名阪自動車道「長島IC」から南へ約15分又は、伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」降りてすぐ

駐車場 :13,000台 (1000円/乗用車1回1台)
ナガシマリゾートメンバーズカードを作ると駐車料金は無料になります。
『湯あみの島』専用の駐車場もあります。

公式サイト(駐車場):http://www.nagashima-onsen.co.jp/page.jsp?id=7961

料金
料金は朝から入場、15時入場、19時入場と三種類あって、
それぞれの入場時間と、温泉施設のみの利用か、遊園地へ行くか?で
料金が変わってきますので、プランに合わせて、
下記の料金表をチェックしてみて下さい。

ナガシマリゾートメンバーズカードを作ると料金が割引になります。

公式サイト料金表
http://www.nagashima-onsen.co.jp:8010/resort/price_list.html

再入場:湯あみの島は再入場はできません。

『湯あみの島』の施設の特徴

温泉(お風呂)

日本最大級の露天風呂が魅力です。
大自然の情景を模倣した内湯、露天風呂など17種類の
個性的なお風呂が楽しめます。
約33,000㎡の広大な庭園内に様々なお風呂が点在し、
各浴場間は歩きながら自然を満喫できます。

「黒部峡谷の湯」は8種の湯船があります。
「奥入瀬渓流の湯」は9種の湯船があります。
男湯と女湯は黒部か奥入瀬かで、定期的に入れ替わります。

天然温泉です。温泉には 熱い湯のお風呂とぬるい湯のお風呂があって、
好みの熱さのお風呂が選べます。

一番人気は炭酸泉のお風呂です♡

温泉は敷地が広いので、屋外のお風呂にもトイレがあります。
お子様の急なトイレにも安心ですね。

雨でも室内に広い温泉がありますので、お天気は気にしなくて
大丈夫です。
内遊
は大きな窓が開いていて、風や外の匂いを感じることが
出来ます。

秋は紅葉紅葉がきれいです♡

湯あみの島 紅葉

洗い場

リンスインシャンプー・ボディソープ 、洗顔フォームがありました。
通路が広くて、隣の人との間に衝立がありますので、シャワーの水が
他の人にかかってしまう心配がないのが良いです。

脱衣場

広くて、ドライヤー、ブラシ、化粧水、乳液が使えます。
目立たない所にですが、ウォーターサーバーが設置されていてお水が飲めます。

貸出

フェイスタオル貸出あり、バスタオルはカウントダウン期間除いて貸出あります。

ゆうえんち、ジャンボ海水プールを利用後に、
湯あみの島の利用追加料金を支払って、入場する場合は浴衣は付きません。
※浴衣は有料貸出:大人300円、子供200円にて貸与されます。
湯あみの島単体で利用の場合は、浴衣が付きます。

湯あみの島 持ち物 タオル貸し出し

グルメ

食事をするところもたくさんあって選べます。

おすすめはナガシマ名物のタンポポラーメン
野菜たっぷり、エビといかとお肉とイカが沢山入って800円とお値打ちです!美味しいです♪

湯あみの島 食事 たんぽぽラーメン

歌謡ショー

大宴会場にはステージがあり、歌謡ショーは毎日やっていて、
無料で楽しめます!
信じられないことに、昔、人気絶頂の松田聖子さんが
来たことがあったんですよ。
私も生聖子見ました~!すごい数の人の熱狂を覚えています(笑)

湯あみの島 歌謡ショー


宴会場ではセルフで選べる食事コーナーもあります。

湯あみの島 食事 歌謡ショー

おすすめポイント

温泉も本当に素敵で癒されるのはもちろんなのですが、
一番のおすすめはリラックスルームと睡眠室です。

リラックスルーム:リクライニング219席、プラズマTV11台、
映画も上映しています。

湯あみの島 リラックスルーム

睡眠室 女性用と男性用のお部屋があります。

湯あみの島 睡眠室

室内は暗く、しっかりとした大きさのベッドがあります。

湯あみの島 睡眠室

若い人は体力があるから良いのですが、お父さんや運転して帰るドライバーの方は、
日帰りは辛いですよね。
睡眠室はぐっすり眠れますので、疲れを癒せますよ。

また、ちょっと大きなお子様を連れて来た場合は、
お子様たちは遊園地で遊ばせて、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんは、
温泉施設でゆっくりするなど、思い思いに楽しむのも良いかもしれませんね。

この、眠れるスペースは貴重です♡

注意事項

あまりデメリットはないですが、
花火大会の日は、帰りの精算時にラウンジが混むので、
花火大会開催時間の1時間前くらいには、出る方が良いです。

『湯あみの島』の施設でも案内されますが、余裕をもって
退館しましょう!

あとは、退館すると再入場は出来ませんので注意が必要です。

まとめ☆

遊園地やアウトレットの帰りに、『湯あみの島』に寄って、
温泉に入って帰るのは、ナガシマの楽しみのひとつです。

本当の森の中、清流の横の温泉に行った気分です。

ナガシマスパーランドって、私が子供の時は
『グランスパー長島温泉』という名前だったのです。

天然温泉ですし、温泉には力を入れているみたいなので、
ぜひ、行ってみて下さい。

宿泊者も日帰り温泉利用も、同じ施設を利用できるので、
リッチな温泉設備は何だか得した気分♡
持ち物も特にいらないので、気軽に立ち寄れます。

温泉好きなら『湯あみの島』だけで一日過ごすのも
ありかもしれません。

なばなの里も近いので行ってみて頂きたいです。

なばなの里の詳細は【楽天たびノート】が詳しいです♪


☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク