体を温める食べ物のはずの生姜!実は「生」だと体を冷やす!温めたいなら「乾燥」させて♪

ginger-803017__180

私はとても冷え性です。冷え取りのために色々な事を取り入れています。生姜もその中のひとつです。

「生姜が体を温めてくれる」というのは、誰でも何となくは知っているのではないでしょうか?
私も紅茶に擦った生姜を入れる「ジンジャーティ」を飲んで温まった気がしていたんです。

ところが、ためしてガッテンで冷え解消のためなら、「生」で食べちゃダメ
というのを見てから生姜の使い方を変えたんです!!

今日は体を温めるのに効果的な、生姜の使い方について書いてみます。

スポンサーリンク

まずは、生姜の効能って?

東洋医学の考えかたでは、生姜は生姜でも

「生の生姜」と、「乾燥させた生姜」では意味が違うようです。

「生の生姜」は「生姜」ショウキョウ、「乾した生姜」は「乾姜」カンキョウ、といいます。

漢方では「生姜」は浅いところを温め、「乾姜」は深いところを温めるといわれています。
そのため、初期の風邪の時の葛根湯などは風邪が表面にあるので、生姜を入れています。

手足が冷えている人などの下痢の処方で人参湯がありますが、これはからだの深いところ、
内臓が冷えている状態なので、乾姜(乾燥した方)を使う様です。

生姜は天日で干しますと、太陽の陽気を浴びて水分が減り、辛味成分も増えて温める力が強くなることがわかっています。干しシイタケなども
天日で干すとうまみ成分が増えるといいますね。

冷え性対策にはどう使うのが良い?

ためしてガッテンの番組中の実験で分かったのですが、驚いたことに、普通の生のしょうがを食べて測定したところ、指先の温度は上がったものの、体の深部の体温は逆に下がってしまったのです。生のしょうがは体を温める食品ではなかったのです。

一方、乾燥しょうがでの実験では、指先の温度をかなり上昇させ、深部体温もほとんど下がりませんでした。乾燥しょうがには体全体を温める力があったのです。

この実験からも分かる様に「生と乾燥の生姜は全く別物」で、

体の温め効果を期待するなら、断然「乾燥生姜」の方が体を温める効果が高い

という事がわかりました。

冷え対策で生姜紅茶を飲んだり、料理に生姜を使うなら乾燥させて使いましょう!

ウルトラ生姜(乾燥生姜)の作り方

1、生姜を薄くスライスする
2、スライスした生姜を天日干しで1日or室内なら1週間、カラカラになるまで干せば完成。
ミキサーやすり鉢ですれば粉末になります。

 

25e9a49d

 

乾燥生姜の作り方は、とても簡単ですね♪

お手軽でおすすめなのは黒蒸し生姜です

P1160662

自作のウルトラ生姜を切らした時の為にネット通販(アマゾン)も使っています^^
↓↓

 

これは国産ですし生姜よりも生姜の風味がして美味しいです。

私は紅茶にほんの少し入れて、ジンジャーティーにして飲むのがお気に入りです。こちらは、お料理にも使えて、 豚肉の生姜焼きを作る時に振りかけると生姜焼きになります。風味も豊かでお手軽で、美味しい!!

しかも、一番の目的の体を温めるにも効果があるって素晴らしいですね☆

乾燥生姜を作って体の中から体を温め、免疫力を高めていきましょう!

黒蒸し生姜は袋のままだと扱いにくいのでiwaki硝子の瓶に入れています。しけらない優れものです。
↓↓

iwaki ふりかけボトル KT5031-BKF
iwaki
売り上げランキング: 2,069

愛読している漢方の本です。漢方をかんたんに生活に取り入れる知恵がいっぱいの本です。↓↓

女性のための漢方生活レッスン―つづけるほど楽しくなる (セレクトBOOKS)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事