赤ちゃんが食べ物のアレルギーかも?と思ったらやる事 食物日誌の付け方も


angel-17045_960_720





最近、赤ちゃんが食べ物(離乳食)を食べ始める前から



『あれ?!もしかしてうちの子、アレルギー?!』



と不安に思う親御さんが増えているそうです。



とういうのは、元々赤ちゃんは乳児湿疹が出来やすいのですが、



乳児湿疹とアトピーの湿疹は見分けがつかないのです!



私の娘も生後間もなくから湿疹が出て、そこから色々母として出来ることを
勉強しました。




今日は、赤ちゃんがアレルギー・アトピーかな?と思った時にやる事
と出来ることを書いてみます。



スポンサーリンク

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の湿疹の違い



アレルギーの診断には『アレルギー疾患診断・治療ガイドライン』とういのが
定められていてそれを要約すると



1.かゆみのあること


2・皮疹(発疹)と分布:皮疹は急性および慢性の湿疹であり、色々な形をとってきます。
  湿疹は左右対称にできる
  (乳児期ですと頭や顔や首に湿疹ができやすい傾向がありますが、その後体や
   四肢の関節部に降りてくることもあります)


3.慢性反復性の経過
  これは良くなったり悪くなったりを繰り返すこと
  (乳児期ですと2カ月、それ以上の年齢では6カ月)


 上記1~3を満たすものを、症状が重い軽い関係なくアトピー性皮膚炎と診断します。

ポイントは痒みがあるかないかと、繰り返すかどうかです。



うちの娘の場合は赤ちゃんで上手く掻けないのに痒そうに
手をほっぺに持っていくので、多分アトピーでしょうと言われました。



乳児湿疹とアトピーの湿疹は見た目では判断出来ない様です。


アレルギーかなと思ったら



まずは小児科、出来ればアレルギー科のある病院かアレルギーを得意と
している医者にかかりましょう。



もし、あまり心配する事の無い程度でしたら3か月検診の時に先生に
伺っても良いと思います。



病院で検査を受けたい場合についてはこちらをお読みください。
↓↓

 





食物アレルギーを起こす原因として、食品中の蛋白(たんぱく)が十分に
消化分解されないまま
抗原として吸収されているのではないかと考えられています。



乳幼児期は腸管の発育が未熟なので消化力が不十分で蛋白が
透過しやすいのですが、大体7歳頃に腸の機能が大人に近づくと
言われています。



食物アレルギーが小学校入学頃になると治ってしまう子どもが
多いのはそんな理由もあるのです。



食べ物を食べる事は子どもの成長にとって大切な事なので
むやみに除去しない方が良いですし、治る可能性はありますから
希望を持ちましょう。



回転食という考え方



アレルギーを起こしやすい食品は



アレルギー

出典:厚生労働科学研究報告書



アレルギー体質の人は同じ食べ物を食べ続けると、
その食べ物に敏感に反応するようになってしまうことがあるという考えから、

「回転食」という食べ方があります。
「食べられるものを回転させる様に間を空けて食べてしてアレルゲンになることを防ぐ」
ことを目的とする食べ方です。



離乳食を与える前で、母乳で赤ちゃんを育てているなら母親が
食べるものに気を付けます。



離乳食が始まったら赤ちゃんが食べるもを「回転食」にします。

上記の表を見て分かる様に原因になりやすい
鶏卵、牛乳・乳製品・小麦製品を多く摂らない様にして、



なるべく多くの種類の食べ物を、重複しないように「回転」させて
食べることが基本となります。

出来る範囲で赤ちゃんの様子を見ながら進めていきましょう!


食物日誌を付ける

食べる物に気を付けていても湿疹やアレルギーの症状が改善されない場合は、
食物日誌を付けてみましょう。



付け方はノートなどに

日付


メニュー :食材まで細かく記入する


体の様子 :痒がった、機嫌が悪かったなど


その日の出来事 :買い物に行った、散歩に行ったなど

 

食物日誌はアレルゲンを発見するのに役立ちます。
毎食付けていると悪化するパターンがつかめる時があります。



育児日記の様に成長のコメントを入れたら楽しく付けられて、
思い出にもなりますよ♪



私も食物日誌を付けてアレルギー外来で医師に見せていました。


食物日誌

こちらのサイトでダウンロード出来ます







まとめ☆



乳児湿疹とアトピーの湿疹は見た目だけでは判断出来ないそうなので、


赤ちゃんがアレルギーかなと思ったら、悩まないで検診などで医者に
相談してみることをおすすめします。



痛い思いをしても血液検査で必ずしもアレルゲンが特定できる
訳ではないので、やはりお母さんの日々の観察が大切だと思います。


同じアレルギーでも即時型アレルギーは食べてすぐに症状が現れるので
分かりやすいですが、



遅延型だと原因物質を食べて1日くらい経ってからしか症状が現れないので、
どの食物がアレルゲンなのか本当に分かりづらいです。


そこで、『食物日誌』が威力を発揮するのです。



1日に三食+おやつともなると何を食べたか昨日のことでも覚えて
いられないからです。

是非、食物日誌を付けてみて下さい。





もし、食べ物に気を付けても症状が治まらない時は、ダニやほこり、
ペットの影響もあるかも知れませんのでお掃除や身近な環境を見直して
みて下さいね。




掃除についてはまたの機会に書きたいと思います。

 


うちの娘は生後間もなくから湿疹が出てアトピーを疑われていました。
乳児湿疹と見分けがつかないが痒がるので、多分アトピーだとの診断でした。




私は子どもを母乳で育てましたが何を食べても症状が出るので、
食べられる物が無くなり、ガリガリに痩せました。



同じ様な境遇の母親が「もう食べられる物がない」と悲観して子どもさんを
道連れに自殺した事件がありました。





腸が未熟なうちは何を食べても反応する、大きくなって大人の様に
腸が育って来たら治るかもしれないって知っていたら、




そのお母さんもそこまで追い詰められなかったのではないかな?




学童期まで食物アレルギーが残るのはわずかに1から2%位です。
(我が家の娘はその1%ですが・・・)




アレルギーがあったら大変は大変だけどそれが全てじゃないよ。
子育ては楽しいものだよと若いパパ・ママに伝えたいです。




なので、このブログではアレルギーの対策などの色々を書いています!




☆ご意見・ご質問があればコメント欄よりお願いいたします☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク