レゴランド隣接の商業施設『メイカーズピア』2か月で閉店は想定内!!


メーカーズピア オープン テナント


名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」の隣接地に今年3月オープンした複合商業施設「メイカーズ ピア」で、テナントのレストラン1店舗が22日の営業を最後に閉店したことが分かりました。

オープンして2か月しかたっていないことに衝撃が走っているようですが、私はやっぱりね。。と思っています!

スポンサーリンク

メーカーズピアの店舗の撤退理由

読売新聞の報道によれば、撤退の理由は以下の通りです。

 運営会社は、来場者が想定を大幅に下回っていることが理由と説明している。

 
メイカーズには現在、飲食店や物販など約50のテナントが出店している。レゴランドの来場者をターゲットに、親子でそば打ちなどが楽しめる「体験型」店舗も多い。


 撤退を決めたレストランはシーフード料理を中心に提供、6年間の契約で出店したが、オープンから約2か月で閉店する。運営会社は「売上高は想定の10分の1。レゴランドが思ったように集客できておらず、テナント側には手の打ちようがない」と話した。契約途中の退店による違約金の支払いについて、メイカーズ側と協議しているという。
出典:読売新聞


私は、名古屋市民なのでレゴランドと、メイカーズピアの両方に行ったことがあります。レゴランドがディスられていますが、レゴランドよりもメイカーズピアの方がやばいと思っていました。

というのも、そもそも、集客がレゴランド頼みのところがいけません。メーカーズピアのある金城ふ頭はへんぴな場所にあり、名古屋市民でさえわざわざ行かない場所です。

しかも、食事をするにしても有料の駐車場に停めるしかなく、高くついてしまいます。

レゴランド自体が何もかもが高いので、更にメーカーズピアでお金を落とすことは、考えにくいのです。そんなことからも、閉店は想定内ではないでしょうか?

私が行った時もお客さんが入っていなくて、これはある意味レゴランドよりもヤバいなと感じました。

レゴランド頼みではなくメーカーズピア単体で集客できると良いのですが。。。それにしては、ちょっと立地が悪いです!メーカーズピアのテナント側としては、レゴランドが再入場可能にしてくれれば、ランチタイムの集客も伸ばせるとは思うのですが。

ポートメッセなごやでイベントがあったりすれば、お客さんも来るでしょうが、毎日ある訳でもないですしね。レゴランドは雨や雪が降れば来場者が少ないでしょうから、レゴランド頼みでは先行きは怪しいですね。

名古屋の人からすれば、車でしか行きにくい立地なのに、駐車料金が掛かるのは、ネックではないでしょうか?都心ならいざ知らず名古屋の人は車で移動しますからね。コンビニも駐車場が狭かったりすると、閉店の憂き目にあいます。

メイカーズピアの飲食で駐車券を出す余力はないかな?駐車料金は結構ネックになると思います。名古屋市は税金を投入していますし、税収も増えると嬉しいので、イタリア村のようにならないように頑張って頂きたいです。

レゴランドジャパンとは別会社

メイカーズピアを運営する会社とレゴランドジャパンは別の会社です。なので、メイカーズピアの一店舗が撤退したからといって、レゴランドの経営状態が悪いということではありません。

Maker’s Pier(メイカーズ・ピア)は地元のデベロッパーの矢作地所株式会社とGCDS JAPAN株式会社が共同で計画を進めていたものです。

素敵なお店も入っていますし、コンセプトも面白いので、レゴランドに頼らず独自の進化を遂げて、名古屋の名所になって頂きたいと思います。

哀しいことにまたしても3店舗が撤退のニュースが・・。
 ↓ ↓ ↓
メイカーズピア 撤退店舗名はどこ?8月末で3店舗撤退いよいよ危ない?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク