アレルギーを抑制する乳酸菌の効果はスゴイ!【腸内環境】を良くしてアレルギーを治す

「乳酸菌」が腸内環境をよくし、体質を改善してくれるということで
 注目されていますね。

しかし、残念な事にうちの娘は食物アレルギーがあって乳製品は食べられないのです。

『乳酸菌』は摂れないからとあきらめていたのですが、日本では古来から味噌、しょうゆ、

漬物等の製造に使われてきた『植物性乳酸菌』というのもがあるという事を知ったのです!

e94fe114dc9b89d8bba8b694be3cf17f

そのことを知ってからは、食生活の中に『植物性乳酸菌』を沢山取り入れています。

アレルギーのある方は腸の機能が弱いと言われています。

乳酸菌の力で腸内環境を整えてアレルギーを克服しましょう!

スポンサーリンク

乳酸菌とは?

「乳酸菌」は細菌の一種ですが、「乳酸菌」という固有の細菌が存在する
わけではありません。

乳酸と呼ばれる有機化合物を生成する細菌の総称なのです。

食品を発酵させるための細菌としても重宝され、

ヨーグルトやチーズなどを作る動物性乳酸菌植物性乳酸菌に大きく大別されます。

今回は『植物性乳酸菌』に付いてみてみましょう。

植物性乳酸菌を使った食べ物~日本編

乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品だけに限って含有されているわけではありません。

日本は高温多湿な気候から、発酵に適した国であるといわれており、

日本に古くから伝わる発酵食品にも乳酸菌はたくさん含まれています。

味噌や醤油、醸造酢などの調味料や、漬物・ぬか漬、麹、日本酒にも乳酸菌は
豊富に生存しています。

食材の保存や味を引き出すために、昔から日本でも乳酸菌と共に暮らしていたのです。

乳酸菌の摂取は、チーズやヨーグルトからだけではなく、

和食を中心にしていても腸内環境を整える植物由来の乳酸菌は摂取できるのです。

ただ、例えば醤油の様に見えて、科学物質だけで作った物は発酵食品ではありませんので、
その辺はしっかり見極める目を持ってくださいね。

みりんもみりん風調味料などと書かれたものは、手間をかけて発酵させた物ではありませんので購入する際は注意が必要です。

植物性乳酸菌を使った食べ物~外国編

植物性乳酸菌が豊富な発酵食品を好むのは、日本人だけではないようです。

○韓国の伝統食「キムチ」

kim1

キムチは乳酸菌の発酵によって得られる酸味と唐辛子の辛味が食欲を増進させてくれる。
酸味は疲れを癒すなど、唐辛子の発熱効果とあわせて風邪の予防にも役立ちます。

○中国のザーサイ

25083028813

ザーサイは植物性乳酸菌食品として名高く、冬の貴重なビタミン源。
生のまま食べる他、炒め料理やスープなどさまざまな料理の材料としても
頻繁に利用されている。

○ドイツのザワークラウト

d0032675_2384776

ザワークラウトキャベツの塩漬けがある。煮込んだり湯がいたりと火を通して使うことが多いが、乳酸菌の整腸効果を期待して便秘解消には生のまま食べることもある。

上記の3品は日本でもおなじみの発酵食品ですね。

スーパーでも手に入りますので毎日の食事の中に取り入れていきたいですね。

まとめ☆

腸内環境は人それぞれで異なります。

カルピス社のアレルケアが良いかもしれず、
明治乳業のR-1なのかヤクルトのシロタ株なのか
森永乳業のモラック乳酸菌か動物性でも色々あります。

ビオフェルミン製薬のビオフェルミンの錠剤もありますし、
カルピス社のアレルケアかも

腸内環境を整える乳酸菌は人それぞれ自分が試してみないと
合う合わないが分かりませんので色々トライしてみて下さいね。

ちなみに腸の弱い主人はラブレとビオフェルミンを愛飲しているみたいです(笑)

うちの娘の様に食物アレルギーがある場合は乳製品から乳酸菌を摂れない場合もありますね。

そんな方は今回ご紹介した、植物性の乳酸菌ならスーパーでも簡単に手に入りますので
毎日の食生活に取り入れてみて下さい。

腸内環境を整えて、お通じを良くしてアレルギー、アトピーを克服したいですね!

腸を整える事がアレルギー改善には何よりも大切だと感じていますので
また、色々書いていきたいと思います。

☆ご意見・ご感想がありましたらコメント欄から頂けると嬉しいです☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする