長島スパーランド周辺ホテル おすすめランキング 格安ホテルも紹介!



長島スパーランド周辺ホテル

ナガシマリゾートは三重県にある超人気スポットです。
遊園地だけでも年間620万人もの人が訪れます。
私は、子供の時から毎年必ずナガシマに行っています!

長島スパーランドには家族との思い出から、
青春の思い出まで色々あります(笑)

ナガシマリゾートは遊園地やアウトレット、プール、温泉など
色々な施設がありますので、1日では回り切れないですよね。
泊まりで行ってみたい方も多いかと思いますが、
意外とホテルの選択肢はありません!

今日は、ナガシマ好きの私が選ぶ
ナガシマリゾートに行く時に泊まるべきホテルの
おすすめランキングとその理由

をまとめます。

スポンサーリンク

長島スパーランドに行く時に泊まりたいホテル

  1. ガーデンオリーブホテル(ナガシマリゾート内、オフィシャルホテル)
  2. ホテル花水木 本館・別館(ナガシマリゾート内、オフィシャルホテル)
  3. ホテルナガシマ(ナガシマリゾート内、オフィシャルホテル)
  4. ファミリーロッジ旅籠屋
  5. 鍋田川(旅館)
  6. 名古屋駅のビジネスホテル
  7. 桑名のビジネスホテル
  8. その他のホテル

ナガシマに行くのに泊まるとしたら、
上記の8つの選択肢になるかと思います。
ナガシマはディズニーランドのように海に面した場所にあって、
周りには何もありませんので、ホテルの選択肢は多くはないのです。

おすすめホテルランキングとおすすめ理由

第1位:ガーデンホテルオリーブ

ナガシマのおすすめホテル オリーブ

お部屋は和室です。お年寄りやお子様連れの場合は、
和室の方が過ごしやすいですね。
夕食と朝食はレストランでのバイキングです。
ナガシマスパーランドホテルバイキング

第2位:ホテルナガシマ

ナガシマのおすすめホテル ホテルナガシマ
お部屋は洋室です。オリーブより多少宿泊料が安いです。
洋室の方が良い方は、こちらの方が良いかもしれません。
夕食と朝食はレストランでのバイキングです。

第3位:ホテル花水木・本館

ナガシマのおすすめホテル 花水木本館
とてもゴージャスです。
お値段が高くても良いなら、こちらが文句なしの1位です(笑)
夕食は部屋での懐石料理、朝食はレストランにて和定食です。

第4位:ホテル花水木・別館

ナガシマのおすすめホテル花水木別館
夕食はレストランでの懐石料理、朝食はレストランにて和定食です。

1位から4位までは、ナガシマリゾート内にある、
オフィシャルホテルになります。

おすすめポイント

オフィシャルホテルだけあって、宿泊者限定の特典が数多くあります!

宿泊者は、ナガシマスパーランドの入園料が無料ですので、
みなさんホテルの浴衣で気軽にお散歩や夕涼みをされています。

私的には、夏に行かれるなら『花火大競演』の開催日に行くのが、
おすすめです。

目の前で、豪華絢爛な花火が打ち上げられるのは圧巻です。
夏はほぼ毎週末に開催されます。

ナガシマの花火は、入園者と宿泊者は無料で見られるものですが、
ありえない!くらい豪華です。
シートを持って行けば、寝っ転がりながら、ゆったり見られます。

天然温泉『湯あみの島』も無料で入れます。
専用駐車場の利用も無料です。(一般の駐車場より近い!)

ホテルは同じ敷地内にあるので、疲れても移動が楽です。
何度でも行き来出来るのは、オフィシャルホテルだけです。

あとは『なばなの里』のイルミネーションの時期は、
ホテルから無料の送迎バスが出るので、こちらも便利です。
チェックインの時に出発したい時間のバスを、フロントで予約します。

『なばなの里』について書いてます

公式サイト・宿泊者特典一覧

①遊園地入場はご滞在中は無料!パークチケットは宿泊者専用の割引価格。

②優先入場専用入場ゲート があります。繁忙シーズンはメインゲート前は
大混雑のため園内への入場にお時間がかかりますので、大変便利です。

③開園10分前に入場出来るl『アーリーエントリー』があります。

④便利な移動はシャトルバス :各ホテルから「湯あみの島」
「アウトレット」へのシャトルバスを運行

⑤朝から遊んでいる最中でも、ご宿泊者専用の通行証があれば
いったん退園して食事やご休憩にホテルを利用できる。
(再入園時、通行券のご提示が必要)

⑥ホテル内の売店でショッピング 

⑦お荷物お預かりサービス :早めに到着しても、
ご宿泊の当日の朝や、出発の朝などにフロントにてお荷物をお預かり。
園内のロッカーに預けることなく、ご出発日も利用出来る。

⑧温泉「湯あみの島」入場無料(当日及び翌日に2日間)

⑨なばなの里入村無料&「ベゴニアガーデン」入館無料(当日又は翌日に1回)
※「なばなの里」休園日はなばなの里特典はつきません

⑩なばなの里入村無料 2日間(当日及び翌日)

⑪ 「ナガシマカントリークラブ」のご紹介ご予約承ります。

リゾート内のオフィシャルホテルが、
特典も盛り沢山なのでおすすめです。

第5位:ファミリーロッジ旅籠屋

ナガシマのおすすめホテル ファミリーロッジ 旅籠屋

オフィシャルホテルの次におすすめです。
一部屋の値段になりますので、人数が多いとかなりお値打ちになります。

夕飯が付いていないので、ナガシマで好きな物が食べられるのが良いです!
ジャズドリームでご当地グルメを食べるのも、おすすめです♪
チェックインが23時までと遅めなので、ゆっくり遊べます。

おすすめポイント

  • 2009年7月11日オープン
  • 宿泊料が安い。
  • ナガシマスパーランドまで車で3分、 なばなの里へも約5分
  • チェックインは15~23時まで、チェックアウトは11時 まで
  • コーヒーサーバーが設置してあって、いつでもコーヒーが飲める。
  • 朝は、パンやジュースなどが、無料で食べられる。
  • 駐車場15台(無料)

公式サイト:旗籠屋

⇒楽天トラベルをご覧になる時はこちら


「天然温泉・季の邸 鍋田川」(旅館)

ナガシマのおすすめホテル 鍋田川
夕食の付いたプランや、ナガシマのチケットが付いたプランもあります。
ナガシマから離れていますので、車ではない方にはおすすめ出来ません。

おすすめポイント

  • 長島スパーランドまで15分!
  • 素泊りのプランがおすすめ
  • 朝食無料サービス
  • ナガシマスパーランド、アンパンマンミュージアム、なばなの里のすぐ近く
  • 夜9時までにチェックイン
  • 夜10時まで(土曜日は11時まで)、併設の「天然温泉・鍋田川」
    を無料で利用出来る
  • 温泉施設には軽食コーナー(定食、麺類、おつまみ)利用可能
    (夜10時まで)
  • 夕食の時間に帰れないので、素泊まりがおすすめ。
    (食事はナガシマかアウトレット、なばなの里で!)


公式サイト:鍋田川

おすすめホテルの料金比べ

2016年11月19日(土)にスタンダードなプランで宿泊した場合の料金です

      ホテル名    1名あたりの宿泊料
  ホテル花水木 本館   43,200円  (朝夕二食付き)
  ホテル花水木 別館   29,160円 (朝夕二食付き) 
  ガーデンホテルオリーブ   22,140円 (朝夕二食付き)
  ホテルナガシマ   21,060円 (朝夕二食付き)
  旅籠屋 6,500円(素泊まり・食事なし)
  鍋川田 5,800~8,800円(素泊食事なし)


名古屋駅のホテル・ビジネスホテル

名古屋駅から毎日直通バスが出ています。

所要時間

ナガシマ行きバス

名古屋駅⇒なばなの里⇒長島温泉 

往復:大人 1,900円、小児   960円

最終のバスの時間は要チェックです!

長島温泉 20:50発⇒名古屋駅21:45です。

バス会社の公式サイトはこちら

おすすめポイント

次の日は名古屋で遊びたいとか、朝早く帰らないといけないという
場合には良いかと思います。
名古屋駅には沢山ホテルがありますので、
豪華なホテルからリーズナブルなホテルまで選べます。

ネックは、終バスの時間が早い事と、帰り道が渋滞すると
チェックインが遅くなってしまうことです。

その他のホテル

少し足を伸ばして、鈴鹿、四日市、湯の山温泉辺り
(車で30~40分程度)まで
エリアを広げれば、もう少しホテルの選択肢は広がります。
何時まで遊ぶかと、時期によりますが帰り道が渋滞しますので、
チェックインの時間に注意が必要です。

一般道(特に北向き、東名阪方面)が渋滞しますので、
ナガシマリゾートの横に出入り口がある、伊勢湾岸自動車道に乗って
移動できる場所が渋滞を避けられるので、おすすめです。

まとめ

ナガシマリゾートには、もう何十年も毎年行っています。
ナガシマはいつも混んでいますが、嫌な思いをした事が一度もないです。

行くと、この会社のホスピタリティみたいなものを感じる
ことが多いです。
バイトも含めてスタッフのみんさん、とても親切です。

とにかく、ドンドン新しい施設やアトラクションを作り、毎年拡大しています。
お客さんに楽しんで帰って貰おうという、心意気のようなものを
感じます。

いつ、だれと行ってもみんなが楽しい施設って、そんなにないと
思うのです。

一年中、楽しめると思いますので、ぜひ行ってみて下さいね。

ナガシマスパーランドの詳細は【楽天たびノート】が詳しいです♪


ナガシマ、なばなの里にお得に行く方法はこちら

☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク