【いつまた、君と ~何日君再来~】向井理登壇!東京の舞台挨拶情報


いつまた、君と ~何日君再来 舞台挨拶


6月24日(土)より公開される、尾野真千子、向井理主演の【いつまた、君と ~何日君再来~】の舞台挨拶の情報です。

向井理さん自身がプロデュースし、ご自身の祖父役を演じる話題作です!今日は東京で行われる舞台挨拶の情報をお届けします!!

スポンサーリンク

【いつまた、君と ~何日君再来~】舞台挨拶

それでは、さっそく舞台挨拶の情報からです。


開演日時:4月18日(火)18:30~

上映場所:スペースFS汐留

招待者数:5組10名

応募方法:WEB

応募先:http://cinetri.jp/


特記事項:尾野真千子、向井理の舞台挨拶予定

【いつまた、君と ~何日君再来~】あらすじ

向井理が自身の祖父役を演じ、祖父母の50年にわたる激動の日々を描いた人間ドラマです。

向井理の祖母・芦村朋子の半生記を綴った「何日君再来」が原作。向井が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントした。

衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる、50年におよぶ愛の物語を映し出す。

芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が手記をまとめていくことに。そこに綴られていたのはいままで知る事の無かった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖父・吾郎と祖母・朋子の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた50年に及ぶ夫婦と家族の愛の物語だった――。
出典:公式サイト

【いつまた、君と ~何日君再来~】キャスト

いつまた、君と ~何日君再来 舞台挨拶
監督:深川栄洋
出演:尾野真千子 向井理 岸本加世子 駿河太郎 イッセー尾形 成田偉心 野際陽子

【いつまた、君と ~何日君再来~】公開日

6月24日(土)よりTOHOシネマズ 新宿他にて全国ロードショーです!
いつまた、君と ~何日君再来~
公式サイト:http://itsukimi.jp/

まとめ☆

【いつまた、君と ~何日君再来~】の舞台あいさつに、尾野真千子 向井理さんが登壇されます!

この映画は向井理が7年前から熱望し、自ら企画して映画化を実現することができました。向井理が自身の祖父を演じることで話題の映画です!向井さんが壇上で何を語るのか?生で見てみたいです。

舞台挨拶の応募は、Webで出来ます。応募してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク