真木よう子ツイッターアカウント非公開から削除へ。騙された?コミケ騒動、ドラマ打ち切り寸前で!



真木よう子のツイッターアカウントが29日に非公開になったと話題です!アカウント名も「????騙された????」と意味深な文言に変えられています。

真木よう子といえば、最近ではコミケ騒動や、ドラマ『セシルのもくろみ』が最低視聴率更新で打ち切り寸前と踏んだり蹴たりですね。

ツイッターで低視聴率をつぶやいたことが、スポンサーとテレビ局の逆鱗に触れたとの報道もある、真木よう子さんの迷走ぶりを深堀します。

追記:29日15時には真木よう子さんのTwitterが削除されたようです!

スポンサーリンク

真木よう子のツイッターとは?

 真木よう子さんは主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)のPRのため6月28日にツイッターアカウントを開設しています。

当初は「何を呟けばいいの?」「リプって何ですか?」と慣れない様子だったが、ファンと垣根なく交流し、1日に100件を超えるリプライを送るなど神対応で話題となりました。

ところが、主演連続ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の視聴率が下降したことを受け、真木はその数字にツイッターで「私は悲しいんでません。 むしろ更に燃えて来ました」とコメントしたことが、スポンサーとテレビ局の幹部の逆鱗に触れたと言われています。

『セシルのもくろみ』の視聴率は、第2話が20日に放送され、平均視聴率が4・5%(関東地区)だったことがビデオリサーチの調べでわかり、13日放送の初回5・1%より下がったことを受けてのツイートだったようです!

コミケ参戦で炎上

真木よう子さんは、ご自身の本音を掲載したフォトマガジンを販売するため今冬開催される同人誌即売会「コミックマーケット93」への参加表明しました。

ツイッター上では「わざわざコミケでやる必要がない」という批判が噴出していた。

真木は28日、「8月12日の夏のコミケに行って会場を見ただけで、コミックマーケットの昔からのルールや、マナー等、一切勉強をせず安易な気持ちで応募してしまいました」と謝罪。

「全ては、全ての事に対し、無知な私の責任です。醜態を晒し申し訳ありませんでした」と深い反省の念を示し、コミケではなく、また別の場でフォトマガジンを届けると伝えました。


スポンサーリンク


お騒がせ女優のレッテル?

そんなこんなで、悪気はなさそうなのに炎上騒ぎを起こしている、女優の真木よう子さん(34)。ご自身のツイッターアカウントを29日までに非公開にしました。

アカウント名も「????騙された????」と意味深な文言に変えられている。とのことで、黙っていられない性格なの?って思っちゃいます。

真木よう子さんといえば、激やせ振りもすごいですよね。スポンサーはドラマを打ち切りたい意向だと言われています。

お騒がせ女優のレッテルを貼られそうな真木よう子さん。ちょっとお気の毒です。

でも、スポンサーも気の毒な気が・・・。低視聴率のドラマに広告料を払うくらいなら、特番にでも広告出したいかもねー。ドラマ『セシルのもくろみ』はガサツな主婦がトップモデルになるお話なんだけど、女性目線でも共感できない。

元々男性は見ないであろうドラマなので、ターゲット層の女性にそっぽ向かれたら視聴率は取れないかな・・。そういう脚本なのだとおもうけどね。

きっと素の真木よう子さんは、男前な女性なんだろうなと思います。自分に正直過ぎてもやっていけない世界なのかもしれませんね。逆にこのツイッター非表示騒動で、ドラマ『セシルのもくろみ』の視聴率上がるといいですね!

なんだかんだ言っても私は最終回まで見ますよ^^

▼『セシルのもくろみ』が無料で見られます、こちらの記事もどうぞ♪
 ↓ ↓ ↓
セシルのもくろみ1話~最新話の無料動画はこちらから見れました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク