キッチンの排水詰まり対策!タオル2枚で1万円節約できるかも?

キッチンの排水の詰まりを解消する方法

みなさんは、キッチンのシンクの排水を詰まらせた事はありますか?



私は今の家に住む様になって10年ですが、
一度だけシンクの排水を詰まらせた事があります。

食器洗いをしていた時に、水が流れなくなってしまい、
シンクに水がドンドン溜まって行くのには、とても焦りました。



その時に、試して排水に成功した方法をお教えします。



キッチンの排水を詰まらせてからは、詰まらせない工夫も
色々していますので、合わせてご紹介しますね。



トイレの詰まりに関してはこちらに書いています。
↓↓

スポンサーリンク

キッチンの排水口の詰まりを直す方法

ラバーカップを試す

シンクには排水が溜まっている状態だと思いますが
手を入れて、排水口の中のカバーを外します。

トイレ用のラバーカップをギュッと押しつけたら、一気に引くを繰り返します。

キッチンの排水口の詰まりを直すラバーカップ

何度かやると大体の詰まりは取れるかと思います。
一回で詰まりが解消されなかったら、2回、3回と繰り返してみて下さい。

流れていった時は、結構な達成感があります(笑)

古いタオルを使ってパイプをきれいにする


排水が無くなったら、
古いタオルを詰める。二枚をギュッと隙間なく詰めます。

キッチンの排水口の詰まりを直すタオル



シンク一杯に熱いお湯を溜める
キッチンの排水口の詰まりを直すため水を溜める
沸騰しているなど、熱すぎるお湯は排水管を痛めますので、
60度位の温度で。




タオルを抜いて、一気にお湯を排水口に流す。

キッチンの排水口の詰まりを直すタオルを抜く

お湯が熱いので厚手のゴム手袋をはめるか、菜箸やトングを使って引き抜く。
火傷に注意!

お湯が一気に流れる水圧とお湯の熱で、
詰まりの原因物質が溶けて、パイプ内がきれいになります。


パイプ専用洗浄剤できれいにする

取りあえず、パイプの詰まりが解消されたら一安心ですね。

排水が流れても、パイプ内には汚れが残っているかも
知れませんので、

市販のパイプ洗浄剤を使って、汚れを取り除きましょう!
パイプ洗浄剤を振ボトルから直接、穴に注いでいきます。

通常は30分から1時間ほど放置します。

出来れば、なるべく長く放置して、その間水などを流さない
ようにするとより高い効果が望めます。

最後に水を流しておきます。

これで、パイプ内に残った汚れも、きれいになりました。


詰まりが解消された後のお手入れ

パイプ専用洗浄剤にはを月に一回しましょうと書かれていますし、
そういったサイトも見かけますが、さすがに月イチは多い気がします。

経済的に負担ですし、環境にも良く無いですよね。

シンクお湯をためて、水圧と熱で汚れを落とす上記のタオルを使った
やり方を定期的ににやれば、

パイプ専用洗浄剤の頻度は減らしても良いかなと感じます。


台所の排水口つまりを予防する方法は?

油を直接流さない

排水口が詰まる原因の一番は、油がパイプに蓄積されることの
様です。

我が家では廃油は下水に流さないようにしています。
幸い近くの生協が回収しているので、生協に持って行きリサイクルして
もらっています。

キッチンの排水口の詰まりを直す 廃油の回収

廃油をそのまま流すと環境に悪いので、
回収がない地域の方などは、牛乳パックに新聞紙を詰めて
そこに入れてから、ごみに出すと良いですね。

市販の凝固剤で固めて捨てても大丈夫です。


まずは原因となる油を流さない様にして、パイプに
汚れが付くのを防ぎましょう。


重曹とお酢でのお手入れ

キッチンの排水口の詰まりをキッチンの排水口の詰まりを直すお酢と重曹

・重曹を1/2カップ程度、排水溝に振りかけます。

・60度くらいに温めたお酢を1カップ程度排水溝に注ぎます。

・そのまま30分程度放置し、最後に熱湯を流します。

重曹とお酢を使う方法は、パイプクリーナーを使うより
経済的で環境にも優しいです。

スポンサードリンク

まとめ☆

キッチンの排水口が詰まった時は、本当に焦りました。

排水のトラブルで業者さんを呼ぶと出張料金だけで、4千円。
プラス技術料が6千円の合計一万円位は最低でも掛かりますので、
自分で出来る様にしておきたいですね。

今は、見に来て見積もりだけでも、出張料は頂きますという場合が
ほとんどです。
業者さんの人件費を考えれば当然のことですね。

業者さんを呼ぶのは、今日お知らせした方法を試してからでも、
遅くはないです。

気を付けていても長い間には、排水口の汚れは蓄積されてしまいますので、
毎日の生活の中で排水口の詰まりを予防する工夫をして

万が一詰まらせてしまったら、今日の方法を試してみて下さいね。

☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事