【動画あり】きのこたけのこ戦争の昼ドラ化が本格的w。

 “きのこたけのこ戦争”という言葉がファンの間で親しまれるほど、人気を二分する明治のお菓子「きのこの山」「たけのこの里」が昼ドラ化。「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」の特別動画「きの子と竹彦」として実写ドラマ化が実現します。


こちらの作品では、「きのこの山」を愛するきの子が、「たけのこの里」を愛する竹里家に甘い新婚生活を夢みて嫁入りするものの、姑たちの反感を買い、なかなか甘い新婚生活を送らせてもらえない、昼ドラ仕立ての物語。

きの子を嘲笑する姑・タケヨ、母に甘えっぱなしの夫・竹彦など、昼ドラあるあるが詰まった内容となっており、12月24日まで公開される。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

昼ドラ仕立ての動画はかなり面白い!








「たけのこの里」開発担当者が語るには、企画は「きのこの山」の開発担当者から持ち掛けられたよう。「たけのこの里」担当者は、「最初に脚本を『きのこの山』担当者から渡されたときは、あぜんとしました。『ついにこんな手を使ってまで、市民権を得たいのか……』と思ったのですが『ここで逃げたらダメだ…!』と思い、今回の大人シリーズの企画にOKを出すことにしました」とコメント。

 一方で「きのこの山」開発担当者は、「世論では『たけのこの里の方が市民権を得ている』なんて話もあって…きのこの山の担当としては、胸を痛める思いです」と述べる。「この大人シリーズの作品で、皆さまの「きのこの山」に対するイメージが少しでも変わってくれることを祈っています」。

 だがそんな「きのこの山」側に対し、「たけのこの里」担当者は「監督と喧嘩みたいになることも何回かありましたが、結果として、お互いの商品にとっても良かったんじゃないでしょうか。まぁ、『たけのこの里』には余裕がありますからね(笑)」と自信たっぷりの様子。“きのこたけのこ戦争”は明治の現場でも起こっているようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク