愛知県の人権啓発ポスター2106版が話題に!どこで見られる?SNSで延べ3万リツイート超え


話題の愛知県人権ポスター 漫画

愛知県が12月4日からの「人権週間」に合わせて制作したポスターが話題です。
子どもをはじめ女性や性的少数者、障害者、インターネットでの人権など、
テーマごとに七種類を漫画で仕上げたポスターです。

その内、漫画で描かれてた、メインポスター「人権問題って何だろう」が
注目を集めています!

スポンサーリンク

愛知県の人権週間のポスター


キャッチフレーズは、【わたしの『ふつう』と、あなたの『ふつう』はちがう。それを、わたしたちの『ふつう』にしよう。】です。

 『ひとりだけ丸がり頭だ~! 仲間外れだ~』

 『でも、あなただってひとりだけ左利きよね』

 『きみはひとりだけメガネだよね』

 『そういうわたしは、太ってるわ』

 『僕は背が低い』

 『ほんとだ みんな違うじゃん!』

話題の愛知県人権ポスター 漫画

ネットで拡散・話題に

 県人権推進室によると、ポスターは当初、人権週間期間中に県内の鉄道駅などで張り出す予定だったが、掲示物が多い金山総合駅では期間中での枠が得られず、十一月二十一~二十七日に掲示された。

するとポスターの写真がツイッターにアップされ、「的確ですばらしい」「漫画の何気なさが説得力を与えている」といった書き込みが急増。リツイートは十一月二十八日現在で三万件を超えた。複数のインターネットニュースで「愛知県の人権ポスターに称賛の嵐」などと紹介されたほか、フェイスブック(FB)でも「普通に囚(とら)われる時代は終わっている」「いろんな個性で違うのが当たり前」といった書き込みが相次ぎ、ポスターはネットを通じて拡散し続けている。

出典:中日新聞

ポスターが見られるところ

ポスターは五~十一日に名古屋市中村区の名古屋駅など愛知、岐阜両県内のJR、
名鉄の十二駅と名古屋市営地下鉄市役所駅などで掲示されます。

イラストを手掛けた作家

イラストを手掛けた作家さんは、
愛知県蒲郡市出身の漫画家大橋裕之さん(36)です。
大橋裕之さんのブログ http://blog.livedoor.jp/ohashihiroyuki/
大橋裕之さんのwiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A9%8B%E8%A3%95%E4%B9%8B

人権週間とは

1948(昭和23)年12月10日に国際連合が世界人権宣言を採択したことによる10日の「人権デー」に合わせ、法務省と全国人権擁護委員連合会が毎年12月4日から10日までを人権週間と定めている。期間中は全国各地でさまざまな啓発活動が繰り広げられる。

スポンサードリンク

まとめ☆


毎年、高い関心を集めて話題になる、愛知県の人権啓発ポスター!
今年も7種類作られています。ポスターは、県人権推進室のホームページでも閲覧できるそうです。
他のポスターも見たい方は、下記から見られます。

県人権推進室のホームページ公式URL:http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jinken/281118.html

人は二人として同じ人はいないですよね。親子でも全然違います。
ましてや他人だたら・・・。
金子みすゞさんの『みんなちがってみんないい』のような社会になればいいですね。

とても素敵な人権週間のポスターのお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事