熱田神宮の御朱印帳の購入場所・受付時間・金額や種類は?袋や正月は?まとめ

熱田神宮御神印帳(御朱印帳)時間金額場所

熱田神宮では、他の神社やお寺と同様に「御朱印帳」が販売されており、御朱印を頂くことできます。この記事では、熱田神宮の御朱印帳や御朱印袋の購入場所・受付時間と種類と金額やお正月はどうか?別宮ではいただけるか?など熱田神宮で御朱印帳を購入し、御朱印を頂く方法をまとめます。

スポンサーリンク

熱田神宮の御朱印帳・御朱印について

熱田神宮では御朱印のことを御神印と呼びます。ですので、御朱印帳も御神印帳と呼ばれています。

熱田神宮の御神印帳(御朱印帳)はとてもシンプルです。

中央に大きく「熱田神宮」の押印(朱印)があり、右上には「奉拝」の文字と左に参拝した日付が墨書きされています。

熱田神宮御神印帳(御朱印帳)時間金額場所

熱田神宮の御朱印帳の購入場所は?

熱田神宮の御朱印帳の購入場所は、御朱印は本殿右側の授与でいただけます。本宮のお守りが販売されている場所になります。


熱田神宮御神印帳(御朱印帳)時間金額場所

熱田神宮の御朱印帳の受付時間

御神印帳は毎日、午前7時から日没まで販売されています。


日没の大体の目安は


夏季は17時から18時30分頃まで
冬期は17時頃までとなります。

ご心配な場合は社務所へ問い合わせしてください。

熱田神宮祭務部: 052-671-4152※営業時間外でも警備員の方が対応されます。

御朱印帳お正月は休むの?

正月三が日も休みはありません。


初詣には230万人ほどが参拝に訪れますので、境内は混雑し御朱印帳を買うのは大変ですが購入はできます。


年末年始の他にもGWや三連休などが混み合いますが、購入できない日はありません。

熱田神宮の御朱印帳の種類

熱田神宮の御朱印帳の種類は一種類のみとなります。

御朱印帳・御朱印袋の金額はいくら?

御朱印帳は蛇腹式となっていて、大きさは縦16cm×横11cm

価格は1000円です。

熱田神宮の御朱印帳と御朱印帳袋も購入できます。御朱印との合計で2300円です。

御神印(御朱印)の値段は?

熱田神宮の御神印は「志納」といって志・こころざし次第となります。


大体の目安としては、300円から500円を箱に入れます。千円札も結構入っています。

熱田神宮の御神印(御朱印)のいただけるところは?

熱田神宮の御神印帳(御朱印帳)が購入できるのは、「熱田神宮本宮」と「別宮八剣宮(はっけんぐう)」になります。

別宮八剣宮

別宮八剣宮の場所は、「南門」から参道を参進すると、左側前方に見えてきます。南門は地下鉄伝場町駅から近い入口となります。別宮八剣宮では左手にある授与所で頂けます。

別宮八剣宮では「別宮八剣宮」「上知我麻神社」2つの朱印をまとめて捺印して頂けます。


別宮では本宮の御神印(御朱印)を頂くことはできないので注意が必要です。・

上知我麻(かみちかま)神社

八剣宮の南に東面して祀られているのが「熱田神宮摂社・上知我麻(かみちかま)神社」になります。

まとめ☆

熱田神宮の御神印(御朱印)は365日朝7時から日没まで頂くことができます。

御朱印を頂きに行きたい方の参考になれば嬉しいです。


スポンサーリンク


あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事
SNSフォローボタン
スポンサーリンク