菓子博2017名古屋から近鉄の急行電車で行く場合の行き方を教えます!


菓子博2017 駐車場


約4年に一度、開催される「全国菓子大博覧会」!今年は三重県での初開催となります。 

東京ドーム約2個分の敷地(約10Ha)に、全国から2,500もの和菓子が大集合します。174点の工芸菓子や地元の学生による限定スイーツなど盛りだくさんです。

お伊勢さん菓子博2017は「みる・たべる・かう」の魅力が満載の博覧会です!

菓子博では、会場限定の赤白の赤福餅や復刻版の赤福が話題になっていますよね!

菓子博へ車で行かれる方は、交通規制をしていて降りられないインターがあったり、渋滞や駐車場確保も大変そうです!

そこで今日は、名古屋駅から電車で菓子博へ行く場合の行き方や料金をご案内します。

スポンサーリンク

菓子博2017の基本情報

菓子博2017の基本情報はこちらで書いています!
↓ ↓ ↓

名古屋駅から菓子博へ行く場合の行き方

近鉄線で行く場合

最寄駅:五十鈴川駅
所要時間:特急で約1時間30分
運賃:大人2,780円・小児1,390円

所要時間:急行
運賃:大人1,460円・小児730円

バス:近鉄 五十鈴川駅から会場まで
所要時間 片道約15分
大人430円・小児220円

五十鈴川駅を出るとロータリーになっていて、バスがそこから出ます。10分ほどで会場です。

三重交通は菓子博への臨時バスを増発します。

チケットを持っていない場合は、チケットブースで買ってから入場の列に並びます。チケットを持っていないと並び直しになります。当日券は大人2,000円です。

『お伊勢さんかしはく2017往復きっぷ』

近鉄電車とバス、菓子博の入場券がセットになったお得な切符もあります。
近鉄名古屋発:大人5,280円 、シニア4,980円、中高生4,780円、小児2,500円です!

名古屋駅で当日購入も出来ます♪

JR線で行く場合

最寄駅:二見浦駅
所要時間:快速みえで約1時間45分
運賃:大人2,690円・小児円

バス:JR 二見浦駅から会場まで
所要時間 片道約10分
大人260円・小児130円
※「二見浦表参道」停留所(JR二見浦駅から徒歩3分)から乗車してください。

菓子博から伊勢神宮内宮前へのアクセス

菓子博会場から内宮へはバスで約20分、片道500円です。

内宮前⇔近鉄五十鈴川駅は約10分、片道230円です。

「伊勢鳥羽みちくさきっぷ」という、バスが乗り放題、1,000円の切符もありますが、菓子博だけや菓子博と内宮だけなら、必要なさそうです。

外宮へも行きたいなら乗り放題の方が良いですね。ただ、3か所は時間的に厳しそうです。

詳しくは三重交通のサイトへ

いせわんこが可愛すぎる♪

まとめ☆

菓子博2017は楽しそうです!ゴールデンウィークにお出掛けになりたい方も多いことと思います。

名古屋からなら、近鉄が便利だと思います。電車なら『お伊勢さんかしはく2017往復きっぷ』がお得ですね!

こ交通規制についてはこちらが詳しいです。

便利なサイト

伊勢神宮周辺にはたくさんの観光スポットがあります。ぜひ色々散策してみて下さい。

伊勢観光については楽天たびノートが詳しいです。地図や施設の営業時間、料金などが詳しく載っています。
施設名で検索できるようになっているので、便利に使えます。このサイトは本当に使えるのでおすすめです。

地元の人も使てみてね。意外なスポットもありますよ!
 ↓↓↓
楽天公式サイトの『楽天たびノート』を見てみる

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事
SNSフォローボタン
スポンサーリンク