ダニやハウスダストのアレルギー対策 効果的な方法は?

 woman-698987_960_720

何となく体がだるい、鼻水が出て風邪を引いた時の様な症状が続くなんて
経験はありませんか?


もし、風邪の様な症状が続く時は『花粉』や『ハウスダスト』の
アレルギーを疑ってみた方が良いかもしれません!


花粉が何かは分かりやすいですが、



『ハウスダスト』って何なんでしょうか?

私も風邪の様な症状で悩んだ時期がありましたが、
今は随分良くなりました。



今日お伝えする対策をしたら、その不調とさよなら出来るかもしれません。

スポンサーリンク

ハウスダストって何だろう?

『ハウスダスト』って何?と聞かれたら多くの方は家のほこりの事でしょ?!
と答えると思うのですが、


では、家のほこりって何なの?って事なのですが、
家のほこりには多様な物があります。



家のほこりの主な物には、
毛髪、頭のフケ、体の垢、食べカス、土、砂、繊維のクズ、ペットの抜け毛、
害虫のフン・死骸、ダニのフン・死骸、カビ、細菌、花粉、
タバコの葉のカス、排気ガス、PM2.5など多様なものがあるのです。


アレルゲンとしてのダニ

ダニの死骸が原因のアレルギー患者はとても多いです。



ダニは、夏(6~7月)に繁殖します。
ダニの寿命は100日程度で、夏に繁殖したダニは秋に寿命を迎えます。



秋にはダニの死骸が大量に発生することになって、
秋(10月)の寝室のカーペットのハウスダスト量は、夏(7月)と比べて、
1.4倍の“1平方メートルあたり700匹”になるらしいです。(花王調べ)



そのダニの死骸がアレルゲンになるのです!

ハウスダスト対策は?

花粉・ダニを含めたハウスダスト対策で最も効果的なのは
ズバリ!掃除です!

シンプルな事ですがほこりを溜めないように掃除をする。これが一番の様です。

効果的な掃除の仕方 

フローリング
床の掃除機がけは1㎡あたり1分ほどかけてじっくりとする。
フローリングに溝がある場合は溝に沿って掃除機をかける。


畳の目に沿って掃除機をかける。


カーペット

カーペットやラグのお掃除は、ゆっくり丁寧に掃除機をかけます。
縦方向の掃除が終わったら、横方向にもかけましょう。

もし、アレルギーが疑われる状態でしたらカーペットやラグは
出来るだけ使わない方が良いです。



トイレマットや玄関マットも絶対に必要な物ではありません。
我が家はどちらも使っていません。
これらは、どうしてもダニの温床になってしまいます。

特に赤ちゃんがいる家庭はお顔が床から近いですから、カーペットは
外した方が無難です。

布団

ダニが増えるのはお布団でも同じことですから、布団の掃除も行いましょう!



おすすめ寝具に付いてはこちらでも書いています。よろしければ、ご覧ください。
↓↓

寝具のお手入れについては、天日干しをされる方もいらっしゃるかも
知れませんが、



花粉やPM2.5が付きますのでかえってアレルギーの症状が出てしまわないか
が心配です。



私は布団を干した後の寝具で寝ると、くしゃみや鼻水が出てしまうので
布団は干せないんです。



干すよりは掃除機をかける派です!



今は、布団用のノズルの付いた掃除機がありますので、そちらを
使っています。レイコップもありますしね。



洗えない寝具に付いては、ゆっくり丁寧に掃除機をかけるのが今のところ
最善の方法かなと思います。

 

シーツや布団、枕カバーなど、洗えるものはできるだけ外して洗った方が、
ダニだけでなく、ダニのエサとなるフケや垢も取れるので良いです。

ハウスダスト対策~その他の工夫

床に物を置かない事でお掃除しやすくなります。
床の掃除はルンバがおすすめです。



ルンバはベッドの下やソファの下にも入れますので良いです。



花粉やほこりを外から持ち込まない様にする。
花粉が付きにくい服を着る。はらってから家に入るなどの工夫をする。



まとめ☆



まずは、掃除しやすい部屋にする。
掃除をすることで、ハウスダストを減らす事がのアレルギーを防ぐ
手立てになります。


部屋を清潔に保ち、寝具の衛生に気を付ける。



方法は分かっていても実際は週に何回出来るのかな?
毎日なんて出来ないかもしれませんね。




アレルギーを起こさない様にするには、日常の小さな積み重ねが大切です。

お掃除をして家を綺麗にしたら、アレルギーが良くなるだけでなく
運気も上がるかもしれませんよ!

そんな、楽しいことを想像しながら掃除に励みましょう♪

もしかしたら、あなたや家族の不調が治ってしまうかもしれないですね!

便利な掃除道具も使いつつ、ハウスダストをやっつけられたら
良いですね♪

☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄からお願いします☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク