【お花見】2017 服装や持ち物・必需品 まとめ


お花見の持ち物と服装

春といえば『お花見』ですね。桜の開花情報が出始めると、『お花見に行こう!』と思いますよね。

出掛ける前は面倒だったりするのですが、いざ満開の桜の花を前にすると『来てよかった~~~!!』って思います。
そんなお花見ですが、花冷えという言葉もあるくらい寒い日もありますので、持ち物にはちょっとした工夫がいります。

今日は、お花見を快適に過ごすための、服装の工夫や持ち物に付いてまとめます。

スポンサーリンク

お花見の服装

■お花にも時期は寒いので、最低でもユニクロのライトダウン位は欲しい所です。出来ればロングコートが良いです。特に夜桜見物や下に座る宴会は防寒して下さいね。

■中にも着込むなど、防寒対策は必須です。貼るカイロも仕込んでおくと良いですね!

■座ったりする場合は、短めのスカートは避けましょう。スカートを履きたい時は、ストールを膝に置きましょう。

■宴会の場合は、飲み物をこぼす人はいてシートが塗れていたりしますので、靴下の替えがあると良いです。

お花見の持ち物

それではお花見に、持っていくと便利な物を見ていきましょう♪

レジャーシート

お花見の時(宴会は特に)は地面に座ることもあり、おしりや足元からかなり冷えます!レジャーシートはしっかりした物の方が良いですよ。
お花見 持ち物 2017
楽天で人気ナンバーワンのチェックのレジャーシートを見てみる
お花見 持ち物 2017
アマゾンで売っているコールマンのレジャーシートも素敵です♪

用意できればですが、シートの下に段ボールを敷くとかなり温かさが違います。クッション性も増すのでおすすめです。お洒落じゃない!って方はウレタンのマットが良いですね(笑)

ブランケット

冷えますので、膝掛け(ブランケット)があると良いのです。おすすめは寝袋に入りながらお花見する!です。寝袋は保温性に優れ、軽くて持ち運びが楽で、嵩張らないので良いですよ。

タオル・ウェットティッシュ

ウェットティッシュは、手が汚れた時などの必需品です。ビールやお茶を倒してこぼしやすいので、タオルがあればなお良いです!(さりげなくタオルで拭いて女子力をアピールしましょう♪)

折りたたみいす

地べたに座るのが辛い方は、小さな折り畳みチェアをどうぞ。膝の悪い方だとかなり楽に座れます。100均の物でも十分です。

温かい飲み物

保温性の優れた水筒にお湯を入れていきます。スープやコーヒー、インスタントのお味噌汁を飲むと温まります。紙コップと混ぜるものを忘れずに。


スタンレーの水筒は超おしゃれ♪

STANLEY(スタンレー) の水筒をアマゾンで見てみる

ティッシュ・トイレットペーパー

公共の公園などでは、トイレットペーパーが切れていて困る時があります。ペーパーは多めに持ちましょう。

折り畳み傘

春は気候が不安定なので、傘はある方が安心です。

日傘や日焼け止め

春は紫外線が強いです。日中は紫外線対策をしっかりしましょう!

マスク

花粉対策や顔が寒い時にも重宝します。

簡易トイレ

お子様がいる場合は、トイレの位置を把握しておくのが鉄則ですが、簡易トイレを持っていると安心です。これはお花見で使わなくても車の移動とかで渋滞に巻き込まれた時とか便利です。固めるタイプが使いやすいです!

ゴミ袋

ゴミ袋は必須です。今は公園などにゴミ箱が無い所も多いです。ゴミを持ち帰るために必要ですね。

あとは食べ物や飲み物ですねこちらは別途まとめます。

おわりに

お花見 持ち物


お花見の時期は、花冷えして寒い日があります。小さなお子様だと寒かったりしただけで、『もう帰りたい!』になってしまいますね。
ちょっとした工夫をするだけで、お花見を楽しく過ごすことができます。服装や持ち物に気を付けて楽しいお花見にしましょう!

女性の場合は、ちょっとした気配りでポイントを稼ぎましょう(笑)
桜が取り持つご縁があったりして・・。
お花見で楽しい時間をお過ごしください♪ 何かお役に立てたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク