母になる 動画1話から無料視聴する方法あります!あらすじ・感想も!




ドラマ『母になる』では、沢尻エリカさんと藤木直人さんが夫婦役を演じています。沢尻エリカさんが、子どもが誘拐されるという難しい役に、挑むということで演技に注目していました。

沢尻エリカといえば、映画『ヘルタースケルター』で見せた妖艶な演技が頭から離れないです(笑)今回の『母になる』を見て、やはり沢尻エリカという女優は、本当に演技が上手いと感じました。沢尻エリカの演技力とストーリーの面白さに釘づけです。

私も毎週楽しみにしている『母になる』を見逃した方はいませんか?『母になる』はHuluで見逃し配信をしていますよ~♪

今なら2週間無料キャンペーンやっていますので、見逃した『母になる』を一気に見て、追いつきましょう!

スポンサーリンク

母になる動画見逃し配信のやり方

『母になる』はHuluで見逃し配信しています。『母になる』を無料で全話見られますと書いているのを見かけますが、間違いですので気を付けて下さいね。

『母になる』はHuluで2週間お試しが出来ます。2週間はどれだけ見ても無料なので、今まで放送された分の『母になる』は全話見られますので安心して下さいね。

ただ、2週間しか無料ではないので、最終回までの全話を見ることは出来ないです。今まで放送された『母になる』最新話までは見られますので、テレビの放送に追いつくことは可能です!

Huluは通常月額933円かかるのですが、今2週間のお試しキャンペン中なので、登録して動画を見た後2週間以内に解約すれば無料です。

一切料金は発生しないので安心してくださいね。

登録の際にはクレジットカード情報が、いりますのでお手元にご用意くださいね♪


→今なら2週間無料のHuluのお申し込みはこちら!

母になるのあらすじと感想

2001年の春。両新を亡くして単身上京した結衣(沢尻エリカ)と大学講師の陽一(藤木直人)は勤め先の書店で出会います。

愛をはぐくみ、妊娠したのを機に二人は結婚します。

生まれた息子の広(こう)は、陽一の母理恵(風吹ジュン)にとっても、柏崎家を明るく照らす存在になっていた。広が3歳になり迎えに行った幼稚園で、少し目を離したすきに行方不明になってしまいます。

犯人は陽一が勤める大学の教え子で、『レポートをみてもらえない』事を逆恨みしての犯行でした。その後生徒は騒ぎが大きくなったために自殺してしまいます。

広の行方を知る手掛かりは無くなってしまします。

門倉麻子(小池栄子)は独身のOLで寂しい一人暮らしでした。ある日隣の部屋から聞こえる子どもの鳴き声が聞こえ、覗いてみます。それから麻子は子供と暮らし始めます。

広は麻子を『ママ』と呼び、麻子と暮らし始めます。それから9年が経ち、結衣は陽一と離婚し、ひっそりと暮らしていた。そこへ9年前に誘拐された息子の広が生きていたと知らされる。再び親子三人で暮らし始めるのだが・・・。



母になるの感想

結衣(沢尻エリカ)の演技が光りますね。息子から目を離した自責の念にさいなまれるお母さんに、子どもがいる人もいない人も切なくなって泣いたことでしょう!

麻子(小池栄子)が連れ去って育てたことは、許されないことですよね。9年間もの長い間、生きていると信じている結衣(沢尻)の気持ちを考えると、どんな理由があっても身勝手過ぎるでしょう!!

2人の母の間で揺れ動く広の人生もまた、翻弄されてしまっています。なぜそんな事をしたのか、ドラマの中で明かされていくと思うので、これからの展開が楽しみでしかたありません。

母になるを見逃したら

『母になる』予想以上に面白いです。沢尻エリカさんの息子の広を演じるジャニーズ事務所の『道枝俊佑』くんも可愛くて気になります!!

『母になる』を見逃したら、2週間無料視聴できるHuluでサクッと無料で見てしまいましょう!

☆Huluで見られる今期の春ドラマ☆

Huluでは他にもテレビで放送されているドラマを見逃し配信しています。

「ボク、運命の人です。」

「恋がヘタでも生きてます」

「架空OL日記」

「兄に愛されすぎて困ってます」

先クール人気だった
「東京タラレバ娘」は全話見られます♪

配信されている作品はすべて無料視聴の対象となります。お試し期間の2週間以内に解約してしまえば、一切料金は発生しません。
CMも入らないので安全に快適に見られますよ。
『母になる』はHuluでしか見られませんので、試してみて下さいね!

Huluの魅力は“いまそこにあるデバイス”でいつでも見られることです。例えばスマホで見ていたドラマの続きをテレビの大画面で見たり、その続きをベッドに入ってタブレットで見ることもできます。


今すぐクリック
↓ ↓ ↓
今なら2週間無料!Huluのお申し込みはこちら!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする