ドラマ「ごめん、愛してる」7話動画を無料で見逃し配信する方法。あらすじ・ネタバレ感想も!

 

ごめん、愛してる 動画見逃し配信


ドラマ『ごめん、愛してる』を見逃した方!再放送を探している方!ネットで今すぐ動画を無料視聴できる方法をご紹介します。


7話のあらすじやネタバレ、感想なども書いていきます♪『ごめん、愛してる』7話はもとても面白かったです。

スポンサーリンク

韓国ドラマ『ごめん、愛してる』を無料で見る方法は?

日本語版の元になった、韓国ドラマ『ごめん、愛してる』も見てみたい方は、無料で見る方法があります。


全16話の韓国版はかなり泣けます!!長瀬くんの日本バージョンを比べてみても面白いですよ♪


やり方は、こちらに書いています!

韓国ドラマ『ごめん、愛してる』を無料で見る方法

ドラマ「ごめん、愛してる」7話の放送日は?

7話の放送:8月27日(日)よる21時から放送です。

「ごめん、愛してる」7話予告動画

「ごめん、愛してる」7話予告動画を見ていきましょう!!

↓ ↓ ↓


「ごめん、愛してる」7話の公式あらすじ


交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。

そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。

その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心臓移植の必要性がある事を告げられる。
 麗子からサトルの傍にいるように言い付けられた凜華は、必要とされることに喜びを抱く反面、律への思いは膨らむばかりだった。そんな中、律は医師から銃弾を受けた脳の症状が悪化していると診断され…。


出典:公式サイト

「ごめん、愛してる」の視聴率

『ごめん、愛してる』の視聴率です!


第1話 9.8% 

第2話 10.0% 

第3話 9.5% 

第4話 9.2% 

第5話 9.4%

第6話 9.5%

「ごめん、愛してる」7話のネタバレ

交通事故を起こしたサトル(坂口健太郎)は一命を取り留めますが意識不明。サトルの母の麗子(大竹しのぶ)は、律(長瀬智也)に「サトルが事故を起こしたのはあなたのせい、もしもの時は命を投げ出してと言ったわよね」と責める。

そして、麗子は律をクビにする。律は医は者にかかり脳のCTを取り韓国の医者で余命3か月だと言われたことを告げ、日本の医師の診断を仰ぐ。

自分の命の短さを悟ったのか、律は若菜の息子の魚を外に連れ出し、若菜には言わない約束で、自分名義の通帳を魚に渡す。

麗子は意識の戻らないサトルのそばに付いている。サトルはうわ言で「凜華」と口にする。一方の塔子はマスコミの取材に「日向サトルさんとは正式に婚姻関係を解消する」と語り、週刊誌の記事に掲載される。

凜華はあれほど幸せそうな凜華と塔子がなぜ、そうなったのか分からずに困惑する。麗子は凜華にサトルに付いていて、話しかけるように命じる。

サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に、気付いてあげられなかったことに自責の念を抱き病室に付きそう。

律は若菜にテレビ、魚にテレビゲームを買い与える。律の異変を感じた魚は律に「どこへも行かないで」と頼む。律がいなくなったら誰が母ちゃんを守るの?と聞く魚に律は「お前が守れ。男は母ちゃんを守れなくちゃダメなんだ」と言う。

その後、医師から「サトルの意識は戻っても将来的に心臓移植の必要性がある」事を告げられる。「麗子は自分の心臓をサトルに移植して」と言うが出来ないと医者に言われる。

病室の凜華を心配した律は、夕食に連れ出す。サトルのSOSに気付かなかったと泣く凜華に「飯を食うかおれとキスをするか選べ」と言い、食事をするようにいう。泣きながら食べる凜華。

麗子からサトルの傍にいるように言い付けられる凜華。サトルは意識を取り戻す。そして「凜華、ありがとう」という。サトルは意識を回復しリハビリを続けるが、一方の律の容態は悪くなる。

サトルは「事故にあって凜華が一番大切だったと気付いた。今まで傷つけてごめん」と言う。医師は退院後のサトルはピアノやストレスのかかることは、出来ないという。

麗子はサトルに求められたら応じるように凜華に言う。律と凜華はお互いへの思いを胸に秘め、まんじりともしない時間を過ごす。

凜華はサトルの退院の日、律を追いかけ「私が好きなのは律、あなたが好き」「自分に嘘はつけない」と言いキスをします。しかし、律は「俺はお前のことが好きじゃない」と言います。
~第7話おしまい~

「ごめん、愛してる」7話の感想

律の命の期限が近づいてきていることが、分かって切ない場面が多かったですね。特に魚が「おじさんがいなくなったら、誰が悪い奴から母ちゃんを守るの」と聞いた時、まだ、幼い魚に「お前が守れ!」と言った場面は泣けました。律は自分がそばにいてあげられないと分かっているから出た言葉です。日本の医者ももう時間がないと診断したのですね。

お互いのことが好きな律と凜華。それに気づいていながら凜華をそばに置こうとするサトル。サトルのことだけが大事な麗子・・。

第7話も切ない話でしたね。

きっと、律は『幸せな王子』の話のようにサトルに自分の心臓をあげるんでしょうね。切なすぎます。律に残された時間が幸せであることを願わずにはいられません。

来週の展開も楽しみです♪


スポンサーリンク


「ごめん、愛してる」を見逃し配信する方法

ごめん、愛してる 動画 7話を見逃した方に!無料で見られる方法は2つあります。

見逃し配信サービスで見る方法

見逃し配信サービスは最新話が始まる直前まで見ることができます!


「ごめん愛してる」第7話の視聴期間

2017年9月3日(日)20時59分までです。


一週間以上過ぎた回の放送を見たい場合は、見逃し配信サービスは使えないので、次のサービスを使ってください。

U-NEXTで見る方法

動画配信サービスのU-NEXTでも「ごめん、愛してる」動画が今見られます!


U-NEXTは通常月額利用料が1990円(税抜)かかります。ですが、今ならU-NEXTは「31日間無料トライアル」を実施しています。見たい映画やドラマ、雑誌を見てトライアル期間内に、解約すれば実質無料で楽しめてしまいます!


無料トライアルを開始すると、自動的に600ポイントもらえます。このポイントを使って、見逃したドラマを視聴することが可能。見放題とはいきませんが、確実に1話分は視聴可能です。

31日以内に解約してもペナルティは一切ありませんし、料金は一切かからないので、安心して始めて下さいね♪


大ヒット韓国ドラマをリメイクした『ごめん、愛してる』はかなり面白いです♪まずは1話分を無料で楽しんでみて下さいねー♪♪


無料トライアルはコチラから

 ↓ ↓ ↓

U-NEXTの無料トライアルは31日間!

【U-NEXT】おすすめポイントは?

U-NEXTにはたくさんの、おすすめポイントがありますので、順番に説明しますね。

 ↓ ↓ ↓

日本最大級のビデオ配信サービスです!


最新作から名作まで、120,000本以上配信している日本最大級の動画配信サービスです。新作ドラマの他にも旧作ドラマ、映画、アニメ、韓国ドラマ、海外ドラマ、成人向けなど充実のラインアップです。


ビデオ配信サービスでは珍しい、成人向け約2000本もあります(R指定作品の表示/購入制限ができるので、お子様でも安心)


ポイントが増額されました!


2017年7月から新作で使えるポイントが1,000円から1,200円に増えました!(見放題作品は見放題で視聴できます!)新作の映画も付いてくる1200ポイントを使って見ることができます。


雑誌が充実


70誌以上の人気雑誌がもちろん無料で読み放題です。私もU-NEXTにしてから雑誌は買わなくなりました。

電子書籍なので嵩張らず、外出先など、いつでもどこでも見られるので超便利です。毎月もらえる1200ポイントで新作のコミックも見られます!(無料登録時は600円分)


最大4台の機器で同時視聴可能!


アカウントの追加で最大4人まで、追加料金なしで視聴できます。パソコン、スマホ、タブレットも登録すればどれでも見られます。ご夫婦や子どもなど家族それぞれが、自由に楽しむことができます。


スマホアプリで動画ダウンロード可能、移動中でも続きから視聴可能です!


こんな至れりつくせりのサービスなら、U-NEXTの月額使用料の1,990円(税抜き)も納得ですね~♪

月額利用料は、1,990円掛かりますが、毎月1200ポイント(トライアルでは600ポイント)が無料でもらえますので、実質は790円です。
トライアルを開始すると、自動的に600ポイントもらえます。このポイントを使って、見逃したドラマを視聴することが可能。見放題とはいきませんが、確実に1話分は視聴可能です。


月額1,990円は、家族4人で使えば一人500円です!雑誌1冊分のお値段です!レンタルに行く手間もないし、借りられないということもないし、安全で合法的に見られて、いうことないサービスです。


U-NEXTはこちらから登録してみて下さい。ドラマや映画・雑誌、新作マンガなど色々見られます♪

☆初めての方は31日以内に解約するのをお忘れなく☆


『ごめん、愛してる』は31日間無料お試しのU-NEXTで!

 ↓ ↓ ↓

U-NEXTはこちらから登録♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク