ドラマ「ごめん、愛してる」3話動画見逃し配信とあらすじ・ネタバレ感想も!

ごめん、愛してる 動画見逃し配信


長瀬智也さん主演のドラマ「ごめん、愛してる」3話では律が日向麗子(大竹しのぶ)の息子ではないかと感づいた、三田 恒夫(中村梅雀)の動きや、古沢 塔子(大西礼芳)のことを好きなサトルの告白など、ドラマが大きく動きます。

「ごめん愛してる」の3話も面白かったです!

ドラマを見逃した方!再放送を探している方!ネットで今すぐ動画を無料視聴できる方法をご紹介します。


3話のあらすじやネタバレ、感想なども書いていきます♪『ごめん、愛してる』3話はとても切ない話で涙がこぼれました。

スポンサーリンク

韓国ドラマ『ごめん、愛してる』を無料で見る方法は?

日本語版の元になった、韓国ドラマ『ごめん、愛してる』も見てみたい方は、無料で見る方法があります。

全16話の韓国版はかなり泣けます!!長瀬くんの日本バージョンを比べてみても面白いですよ♪

やり方は、こちらに書いています!
韓国ドラマ『ごめん、愛してる』を無料で見る方法

ドラマ「ごめん、愛してる」3話の放送日は?

3話の放送:7月23日(日)よる21時から放送です。

「ごめん、愛してる」3話予告動画

「ごめん、愛してる」3話予告動画を見ていきましょう!!

「愛」はこんなにも残酷で こんなにも愚かしい…
↓ ↓ ↓

「ごめん、愛してる」3話の公式あらすじ

律(長瀬智也)と娘・凜華(吉岡里帆)が親しくなっていく様子に不安を覚える凜華の父・恒夫(中村梅雀)。律が持っているサファイアのリングを見かけ、思い当たることがあったのだ。律をサトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードにするという麗子(大竹しのぶ)に止めるよう進言するが、麗子は聞き入れない。
一方、サトルは片思いだったサックス奏者・塔子(大西礼芳)と上手くいきそうな雰囲気。彼女にプロポーズをしたいと、凜華に手伝いを頼み…。
出典:公式サイト

「ごめん、愛してる」の視聴率

『ごめん、愛してる』の視聴率です!

第1話 9.8% 
第2話 10.0% 


第2話では視聴率が2ケタになりましたよ!益々盛り上がりそうですね♪

「ごめん、愛してる」3話のネタバレ

律(長瀬智也)と娘・凜華(吉岡里帆)が親しくなっていく様子に不安を覚える凜華の父・恒夫(中村梅雀)。律が持っているサファイアのリングを見かけ、思い当たることがあったのだ。

律は自分を捨てた母親の日向 麗子(大竹しのぶ)のそばにて、復讐しようと誓う。

黒川龍臣が死去したと新聞に載る。三田 恒夫(中村梅雀)は葬儀に行くか尋ねるが、日向 麗子(大竹しのぶ)は行かないと答える。恒夫は一人で黒川の葬儀に出掛ける。

葬儀帰りの恒夫にジャーナリストの加賀美 修平(六角精児)は、恒夫に麗子が黒川との子を産んだという秘密を知っていると話しかける。恒夫が知らないというと直接麗子に言うという。

律をサトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードにするという麗子(大竹しのぶ)に恒夫は止めるよう進言するが、麗子は聞き入れない。


サトルと麗子はピアノを連弾している。その音を家の塀の外で立ち尽くし聞く律。


一方、サトルは片思いだったサックス奏者・塔子(大西礼芳)と上手くいきそうな雰囲気。彼女にプロポーズをしたいと、凜華に手伝いを頼む。

日向 サトル(坂口健太郎)は古沢 塔子(大西礼芳)にプロポーズしようとするが、計画通りにはいかず麗子が現れる。麗子は昼食に誘う。その席に律と凜華も同席するように言う。

麗子は昼食の席で、塔子の過去の乱れた男関係について指摘し、サトルに『報われない恋をしているとピアノが弾けなくなるわよ』と忠告する。

レストランに現れた加賀美は、指揮者の黒川が亡くなったことを指摘し、麗子に人気絶頂時に自殺未遂し引退したのは、黒川との関係があったからではないかという。そばで聞いていた律は、我慢できずに加賀美に殴りかかる。

塔子は麗子にサトルのことはそれ程好きでは無いと言って立ち去る。通報で駆け付けた警官に律は拘束され、留置される。

凜華はサトルが塔子に渡そうとした指輪を探して渡す。サトルは凜華に『俺、絶対塔子をあきらめない』という。

恒夫は留置場に行き律に『お前はクビになったんだよ』と金を渡す。若菜は帰らない律を心配し、息子のさかなに慰められる。

サトルは母の麗子に塔子とのことを認めて欲しいという。また、サトルは律をクビにするなら自分が家を出ていくという。釈放された律を凜華が迎えに来る。そして、凜華はサトルの付き人を辞めるという。

『捨て子は人の役に立たなければ生きている意味がない』という律に凜華は『そんなことを思いながら今まで生きてきたの?』『良くここまで大きくなったね』と律の頭をなでる。

律は頼みがあるといい、膝枕と子守唄を歌ってくれるように凜華に頼む。律は涙を流す。そして、突然凜華にキスをする・・。

「ごめん、愛してる」3話の感想

本当の母に認められない律は、復讐のためにそばにいると言いながら、母の麗子を守ります。
麗子はサトルのことを溺愛するのをそばで見ているだけに辛いですね。

麗子は律が自分が産んで捨てた子供だと知ったら、どういう反応を示すのでしょうか?

報われない愛に苦しむのは凜華も同じですね。凜華に膝枕をせがみ、子守唄で涙を流す律が切なかったですね。

『捨て子は人の役に立たなければ生きている意味がない』と思ってい生きてきた律が、凜華に愛を感じることが出来たなら少しは報われた気がしました。

律には残された時間を愛を感じながら生きて欲しい・・・。出来れば麗子の愛も・・。と願わずにはいられません。あんな母親でも・・。

今回もとても切なく悲しい話でしたね。来週は物語が大きく動きそうですね楽しみです!

それにしても、律(長瀬くん)の不器用なキス良かったですね!!

「ごめん、愛してる」を見逃し配信する方法

ごめん、愛してる 動画 3話を見逃した方に!無料で見られる方法は2つあります。

見逃し配信サービスで見る方法

見逃し配信サービスは最新話が始まる直前まで見ることができます!

「ごめん愛してる」第3話の視聴期間
2017年7月30日(日)20時59分までです。

一週間以上過ぎた回の放送を見たい場合は、見逃し配信サービスは使えないので、次のサービスを使ってください。

U-NEXTで見る方法

動画配信サービスのU-NEXTでも「ごめん、愛してる」動画が今見られます!

U-NEXTは通常月額利用料が1990円(税抜)かかります。ですが、今ならU-NEXTは「31日間無料トライアル」を実施しています。見たい映画やドラマ、雑誌を見てトライアル期間内に、解約すれば実質無料で楽しめてしまいます!


解約してもペナルティは一切ありませんし、料金は一切かからないので、安心して始めて下さいね♪

大ヒット韓国ドラマをリメイクした『ごめん、愛してる』はかなり面白いです♪まずは1話分を無料で楽しんでみて下さいねー♪♪

無料トライアルはコチラから
 ↓ ↓ ↓
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

お得なお知らせ

U-NEXTのお試しは初回登録のみ無料となっています。実際には、名義と登録するクレジットカードを変えれば、何回かは無料にできます!

それも、使ってしまったよー(泣)という方は、有料会員になって視聴しても良いかな~と私は思います。私自身も有料会員で解約はしないで、便利に使っているからです!

【U-NEXT】おすすめポイントは?

U-NEXTにはたくさんの、おすすめポイントがありますので、順番に説明しますね。
 ↓ ↓ ↓

日本最大級のビデオ配信サービスです!


最新作から名作まで、120,000本以上配信している日本最大級の動画配信サービスです。新作ドラマの他にも旧作ドラマ、映画、アニメ、韓国ドラマ、海外ドラマ、成人向けなど充実のラインアップです。


ビデオ配信サービスでは珍しい、成人向け約2000本もあります(R指定作品の表示/購入制限ができるので、お子様でも安心)

ポイントが増額されました!


2017年7月から新作で使えるポイントが1,000円から1,200円に増えました!(見放題作品は見放題で視聴できます!)新作の映画も付いてくる1200ポイントを使って見ることができます。


雑誌が充実


70誌以上の人気雑誌がもちろん無料で読み放題です。私もU-NEXTにしてから雑誌は買わなくなりました。

電子書籍なので嵩張らず、外出先など、いつでもどこでも見られるので超便利です。毎月もらえる1200ポイントで新作のコミックも見られます!(無料登録時は600円分)


最大4台の機器で同時視聴可能!


アカウントの追加で最大4人まで、追加料金なしで視聴できます。パソコン、スマホ、タブレットも登録すればどれでも見られます。ご夫婦や子どもなど家族それぞれが、自由に楽しむことができます。


スマホアプリで動画ダウンロード可能、移動中でも続きから視聴可能です!



こんな至れりつくせりのサービスなら、U-NEXTの月額使用料の1,990円(税抜き)も納得ですね~♪


家族4人で使えば一人500円です!雑誌1冊分のお値段です!レンタルに行く手間もないし、借りられないということもないし、安全で合法的に見られて、いうことないサービスです。

U-NEXTはこちらから登録してみて下さい。ドラマや映画・雑誌、新作マンガなど色々見られます♪
☆初めての方は31日以内に解約するのをお忘れなく☆

『ごめん、愛してる』は31日間無料お試しのU-NEXTで!

 ↓ ↓ ↓
U-NEXTはこちらから登録♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク