洗濯機のカビ掃除してますか?これで完璧!カビの除去方法と対策とは?


洗濯機のカビ掃除

洗濯をしたのに、何となく衣類が臭うという事はありませんか?

もしかしたらそれは、洗濯機の裏に潜んでいるカビの仕業かもしれません。

我が家でも以前、洗ったはずの洗濯物が臭ったので、

それからは、洗濯槽の掃除を定期的にする様にしています。

今日は、洗濯槽に汚れを付けない方法と、洗濯槽の効果的な掃除の仕方

をお伝えしますね。

スポンサーリンク

洗濯機のカビの掃除の仕方

<用意するもの>


・キッチンハイター・・・120グラム  【お湯10リットルに対して100グラム】

 酸素系の物なら何でも良い)液体より粉末の方が効果が高いです!

・50度のお湯12リットル


<手順>

酸素系のキッチンハイターを用意します。

洗濯機のカビ掃除に使う酸素系漂白剤


今回は120グラム計ります。(少し余分に入りましたがアバウトで)
お湯10リットルに対して100グラムです。

洗濯機のカビ掃除に使う酸素系漂白剤を計る



洗濯槽にお湯を入れます。我が家はお湯で洗濯したい時があるので
直接お湯を入れられる様に繋いでいます。

洗濯機のカビ掃除に使うお湯


今回は湯の量を計るために、バケツで入れました。
50度のお湯が、12リットル入りました。

洗濯機カビ取りお湯を溜める



溜めた湯の中に酸素系漂白剤を入れます

洗濯機のカビ掃除に使う酸素系漂白剤を入れる




洗濯だけで止まる様に設定する。設定できなかったら、5分くらい攪拌させて止める

洗濯機のカビ掃除 洗濯機の設定



ごみがあれば取る。(月に一回掃除していると、ほとんど汚れはありません)

洗濯機のカビ掃除のごみを取る

このまま、数時間浸け置く。
たまに、ドラムを手で動かして洗剤の液に浸っている部分を変える。

最低2時間程置いたら、『すすぎ』モードで洗濯槽をすすぐ。

できれば、タオルで洗濯槽の内側(ドラム)を拭いて、乾燥させたら終了です!

お疲れ様でした!

我が家はドラム式の洗濯槽ですが、
普通の洗濯槽の場合もやり方は同じです。
高い水位までお湯を入れてやれば良いので簡単です。

洗濯槽にカビを付けない日常の工夫は?

日頃から、洗濯槽の裏に汚れやカビが付かない様な工夫が出来ると
いいですね!

少しの工夫でカビが付かない様にできます。

粉よりは液体の洗剤を使う

粉けっけんの溶け残りが、衣類に付くのが嫌なので
私は液体の洗剤を使うようにしています。

せっけんの残りかすは洗濯槽の裏のカビの原因にもなりますので
液体の方が良い気がしますが、好みもありますし、

粉の方がコスパは良いものが多いので、
粉のタイプを使っている方は、ボールなどで溶かしてから

洗濯機に入れると、溶け残る心配が無くなるので良いです。

特に冬場の水の冷たい時期は溶け切らない心配があります!

お湯を使う

お湯が出る様にホースをつないであるので、週に一回位は
お湯でお洗濯をしています。

洗濯槽の掃除も兼ねられるので良いです。

お風呂の残り湯を使う場合は細菌が心配ですので、
洗いだけにして、すすぎには使わない方が良いそうです。

洗濯機に洗濯物を入れっぱなしにしない

洗う前の洗濯物はかごなどに入れる様にして、
洗濯機に直接入れたり、入れっぱなしにしない様にしましょう。

洗濯機の中で雑菌が増えてしまいます。

また、洗い終わったらすぐに干しましょう。

洗濯機の蓋は開けっ放しにして閉めない

通気が良い様に、洗濯機の蓋は常に開けておきます。

出来るだけ内部を乾燥させる様にしましょう。

ごみ取りフィルターの掃除をする

忘れがちなごみ取のフィルター掃除は、月一回お掃除しましょう。

洗濯槽と一緒に月イチのお掃除すれば安心です。

洗剤ケースも意外と汚れていますので、一緒にお掃除しましょう。

洗濯機のカビ掃除フィルターの掃除

排水口に不具合が無いかチェックします

レアなケースだとは思いますが、お掃除をしても何か匂う時は、

排水ホースが外れていたり排水トラップに不具合がないかを確認しましょう。

スポンサードリンク

まとめ☆

洗濯槽の裏は構造上、本当にお掃除しにくいですよね。

なので、日頃から汚れが付かない様に上記の様な工夫をしていきましょう。


洗濯槽やごみフィルターのお手入れは、月1回を目安に行いたいですね。

やってみると、それ程大変ではないので

定期的にお掃除をして洗濯機の臭いやカビを防ぎましょう。

☆ご意見・ご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事