お風呂で熱中症に!熱い湯で長風呂は危険





2016年の年末に、大阪府に住む80代の夫婦が入浴中に2人とも浴槽内で溺死する事故が起こりました。

この報道を見て驚いたのが、亡くなった理由が『熱中症』だったからです。一般的に冬場は『ヒートショック』で亡くなる方が多いと思っていましたので、『熱中症』と聞いて驚きました!

しかし、報道の中身を見ると2015年には4,084名もの方が風呂場で溺死しているそうです。

今日は、風呂で熱中症とはどういうことなのか?防ぐ方法は?などの疑問をまとめます。

スポンサーリンク

なぜ風呂で熱中症になるの?

お風呂で熱中症になるのは、40℃前後のお湯で直接体を温めることで、体温が上昇します。本来、体温が上昇すると汗をかき、その汗を蒸発させることで体内の熱を逃がし、体温を調節するのですが、浴槽内では汗をかいても蒸発させることができません。

そのため、汗をかいても体温が下がらないのです。体温が急上昇し、夏の熱中症と同じめまいやふらつき、失神などに至ります。その結果、溺死するというものです。

夏より冬にリスクが高い

入浴中の急死は高齢化の影響もあり増加傾向にあり、特に冬場に集中するらしいです。


千葉科学大学危機管理学部の黒木教授によると、熱い湯に入浴すると、急激に体が温められることが問題なのだそうです。

湯の方が直接的に体を温めるため、その温度変化に体がついていけないのだそうです。

高齢者はより注意が必要

高齢者は温度を感じる機能が低下しているため、熱いと感じにくくなっています。そのため『のぼせ』も感じないので、自分の異変に気付きにくいのです。

2013年の異状死として警察が扱った案件のうち、入浴中の死者は403人(平均年齢76・9歳)。
場所は自宅の浴槽が最も多く352人、次いで公衆浴場が30人だった。入浴中に救急搬送され、一命をとりとめたのは33人。入浴中に意識を失った場合の「救命率」を計算すると自宅は約5%。公衆浴場は約35%と差がりました。

出典:朝日デジタルニュース

熱中症にならない風呂の入り方

熱中症は、41度以上で30分以上入浴すると死亡する危険性が高まる――。

こんな分析結果を千葉科学大のチームがまとめました。入浴中の急死は高齢化の影響もあり増加傾向。冬場に集中することから注意を呼びかけています。

そこで、お風呂に入る時のポイントです。


風呂の熱中症予防

上記の他にも

  • 湯船で寝ない
  • 栓に手が届くところで浸かるなどが大切になります。
  • 脱衣所や風呂場を温める


    熱中症の予防には、脱衣所や風呂場を温めることことが大切ですね。うちでは、この報道を受けて今シーズン電気の温風ヒーターを買いました。


    灯油のストーブや電気ストーブ(熱源が見えているもの)は、近くにある衣類やタオルに引火の恐れがあります。
    その点、電気の温風ヒーターは、火事になるリスクが低いので安心です!

    脱衣所程度の狭い場所なら、短時間で十分に温まります。買って良かったです。
     ↓↓↓
    風呂の熱中症を防ぐ 温風ヒーター
    ⇒楽天で人気の温風ヒーターを見てみる



    シンプルですぐ温まる電機の温風ヒーターですが、アマゾンの方が安い時もありますので、
    楽天とアマゾンの両方を比べてみて下さいね。

    ⇒アマゾンで温風ヒーターを見てみる

    まとめ

    冬の入浴は危険が一杯ですね。厚生労働省の調査によると、一昨年(2015年)の
    一年間で家庭の浴槽での溺死者数は4,804人だそうです。平均すると、1日に平均13人が溺死していることになります。

    ほとんどが冬場に集中しているとのことですから、お風呂の入り方を見直していきましょう!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする