『コードブルー3』第4話の視聴率は?みんなの感想 まとめ



ドラマ『コードブルー3』の第4話のが2017年8月7日に放送されました。

冴島の結婚や緋山のほろ苦い恋など、恋愛要素がちりばめられた回になりましたね!

今回の記事ではドラマ『コードブルー3』の第4話の視聴率とみんなの感想、第5話のあらすじ

についてまとめています。

スポンサーリンク

ドラマ『コードブルー3』第4話のあらすじは?

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。


新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。


そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。


橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。


一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。


藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。
出典:公式サイト

ドラマ『コードブルー3』第4話の視聴率は?

視聴率が出ましたら追記しますね♪

ドラマ『コードブルー3』第4話のみんなの感想

『コードブルー3』第4話のみんなの感想です。

肯定的な意見

肯定的な意見はほとんど見つけられません。

山Pかっこいいとかガッキーかわいいとか、大ちゃんカッコいいとか・・?そんなのしかありませんでした、涙。

何だか悲しいですね。

否定的な意見

このもやもや感はシーズン1,2と3でそこまでのこだわりは無いんですが、シーズン1,2ではエンディングのHANABIが流れるときには感動して涙していたのが
THE THIRD SEASONでは単なる終わりの時間がきましたの感じ。


脚本家は変わったのですがP,演出はシーズンを通して同じ名前が載っているじゃないですか。脚本以上のものを・・と言う想いはないのでしょうか。フジのスタッフさん・脚本家はホームページのメッセージ欄を見て満足しているんですか。とホームページメッセージへ投稿したら即、却下フォルダへですね。オープニングのサントラCode BlueエンディングのHANABIもそのまま。且つTHE THIRD SEASONとなれば・・誰もが期待して観てますけど・・もうすでにシーズン3の1話の内容を忘れました。


期待していただけに…
1期・2期の脚本家さん、林宏司さんのが良かった。コード・ブルーは医療のドラマでしょうよ。不倫とか三角関係とかいうズレた要素要らない!
3期だけあって、放送前から期待大だっただけに心底ガッカリしました…。


私情を優先する橘医師。こんな情けない医師だったけ?三井先生も。普通のお母さんに成り下がって残念。緋山先生に関しては、は?いつから恋仲になってた?なんで見られてまずいとかの顏してんの?あの患者。てか、妻、あんな大事故してて今まで来なかったの?治療の方針、家族への説明この家族にはしなかったの?なにその展開。
飲み屋で語るシーンでは、暇そう救命…。心臓発作で亡くなる子…。誰?いきなり出て来ても感情移入できない。首に刺さった子と始め被ってた。首に刺さった子の手術では、偽の血管が余計ドラマのチープさを感じさせた。
新人ナースでは、あんなに患者に無関心なナースいるかな。看護学校で何を習って来た?ドクターヘリ今まで乗った事なかったのか?医師の施術を邪魔させないのは基本では。脳腫瘍の子の話ではあんなに苦しんでるのに、何もせずドアは閉めないでしょう。有岡?の医師になる気がなかった話。本当いらない。もっと医療との関わりで話を展開していってほしい。もう本当に全体的に脚本が浅すぎて…。悲しい。


コードブルー 医師たちの恋愛事情
●白石を巡って、藍沢にライバル誕生で三角関係?
●藤川と冴島、とうとうデキ婚! おめでとう!
●あのクールな緋山がなんと患者と不倫?

なんじゃこりゃ・・・。
前作の森本先生とオペレーターの恋愛や、梶さんの年下妻の愛妻弁当など、緊張が続く医療シーンの息抜き要素として、十分に成立していたけれど、
主人公達が恋に浮かれる医療現場、救命を舞台にする医療ドラマとして有り得ない。

今の脚本家が悪いのではなく、フジテレビのSeason 3の企画がこうだったんでしょう。それで脚本家の林さんが「こんなもの書けるか!」って降りたのかな。

『コードブルー3』第4話私の感想

『コードブルー3』は1話の中に細かいエピソードが沢山、展開されて場面が変わるので、ひとつのエピに対して感情移入がしにくいですね!

緋山先生が淡い恋?と思えば、妻が出てきて・・・。そんな陳腐なエピいる?

人手不足で忙しくて救命に戻った藍沢と緋山だったはずなのに、ドラマの始まりのシーンが藍沢、白石、緋山、冴島の4人で飲むシーン。今救命には誰が?全体的にまったり、みんな暇そう。救命なのに危機感がない。

やっぱり、勝村政信や柳葉さん、田所先生役の児玉清がいないから締まりませんね!橘も父の顔になってるし!!

いいところ探そうと思うけど、アラしかない・・・。あんなに素晴らしい作品だったのに悲しいです。

ドラマ『コードブルー3』第5話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。

そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。

緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。


そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。

現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。


初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。


一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。



まとめ☆

『コードブルー』は大好きなドラマだっただけに辛口な評価になってしまいます。もっと良くなるはずと思い毎回見ていますが、グダグダ感がいなめませんねー。良いところを探したいんですけどね。

もはや別のドラマとして見るレベル・・。

でも、必ず最後まで見届けます!どんな結末を迎えるのか、楽しみです。

脚本家が変わったのは本当に大きいですが、こんなチンケな話ではファンからブーイングが起こると気付けないフジテレビが情けない。素人でも分かるのに。上層部はドラマ見たことがないのかな?

ドラマの作品はみんなのものなのに・・・。『コードブルー』の前作を見て医者や看護師を目指した人もいると聞きます。それ程ドラマには影響力があるものです。

今のコードブルーだとこんな医者や看護師には診てもらいたくないという恐怖すら覚えますから。

でも、俳優さんたちは頑張っていると思うので、最後まで応援はします。

→コードブルーの動画を無料で見る方法はこちらで記事にしています♪

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの記事
SNSフォローボタン
スポンサーリンク